のジャケット写真

十三<JU-SO>

  1. 十三<JU-SO>

作曲家、新井健史が送るEDM第二弾は大阪のディープスポット「十三(じゅうそう)」をテーマに制作した楽曲!!
十三を実際に歩きそこから感じたイメージをBigRoom Houseで表現しました。この楽曲を聞いて、是非皆さんも十三に遊びに行ってくださいね!

新井健史

大阪に拠点を構えるレーベル「Studio Hemuri」の代表。 作曲家・トラックメーカー・音楽プロデューサーでもある。  2002年にプロとしてのキャリアをスタートさせる。それ以来、彼は多くの音楽を生み出してきた。 「ドラゴンボール」や「ワンピース」は日本の名の知れたコミックであるが、それらシリーズのゲームをプレイしていたら、彼の音楽を耳にすることができるだろう。 さらに、彼はこれまでメジャーアーティスト・TVアニメ・ゲーム・CM等の曲の手掛けてきており、 彼が携わった作品の売り上げは500万枚以上にのぼる。  彼は軽快なポップミュージックを得意とするが、2018年よりダンスミュージックという新たなジャンルに着手する。 これは彼にとりジャンルの垣根を超えた新たな試みである。  独特なセンスも彼を語る上で忘れてはならないポイントだ。 「JUSO」は大阪のダウンタウンの名前を付けたものだし、 「WILD CAT」では彼の愛猫の鳴き声をサンプルとして使っている。 彼のたぐいまれなセンスに引き込まれることだろう。  Kenji Araiという多才な作曲家は将来、世界中のより多くの人々もの心を動かしていくに違いない。

アーティストページへ

Studio Hemuri