Uso-月

  1. Uso-月

XXVIIと記された今作、36ヶ月連続リリース第27弾目となる楽曲タイトルは『Uso-月』である。
「嘘つきな住人と世界から星ごと逃げたかったんです。マイコプラズマを武器にしました。」がコンセプト。
個人を対象にした楽曲とは異なり、1つの群衆に対する訴えに聴こえるリリックは、ISMの進化するフロウにより、更に重厚感を増した出来栄えだ。ラップ"スキル"は既に小手先だけのテクニックとは程遠い様々なエレメンツを取り入れている。それはライミング、時にはワードチョイス、様々な部分に"粋"と言う言葉が似合った所謂"スキル"が確認できる。

ISM

10代よりダンスやブラックミュージックに触れ続けラップを始めるきっかけとなる。 東京を拠点にラッパーとして活動し、ウィスパーボイス且つ、耳元へと纏わり付く中毒性あるフロウを特徴とする。 2017年3度の3ヶ月連続リリースを達成。色彩感溢れる楽曲を生み出し続け、異色企画『SeraIsm』より2017年Singleをリリース。2019年、24ヶ月連続リリースと言う偉業を成し遂げる。 プロデュースにも幅を広げ、ISMプロデュースユニット『ISM × LU・WONG』名義で2020年3/11に自身で全作詞を手掛けたミニアルバム『備忘録ペルソナ 』のリリースを果たす。現在"36ヶ月連続リリース"という新たな境地へと挑み続け、今もその動きは止まらず怒涛のリリースラッシュが行われている。

アーティストページへ

Foxy Haze