Bray me 単体曲 まとめのジャケット写真

歌詞

アソシエーション

Bray me

三日月の夜に そっと光る海

祈りの宛てのあの船は

遠く遠くなって

紺色の空 誓いの海を揺らす波

砂に書いた 消えるように

「どうか…。」と祈っても

誰が届けられるだろう

いつでも離せるのに

繋いだ左手 繋ぐ右手

生命線を守る指は

触れても消えないままである

約束はないまま 見つけたもの

疑うよりも信じることが

難しい世界で

三日月の夜に 大きく帆を張った

あの船にも いつか届くといい

昔、散っていった あの星にも

いつか届くといい

いつでも離せるのに

続いた今 続く未来

月明かりに翳した手は

映っても消えないままである

目印はないまま 聞こえるもの

探すよりも気付くことが

難しい世界で

生命線を守る指は

触れても消えない ここにある

約束はないまま 見つけたもの

お揃いの始まりが繋ぐ音

巡った世界で出会えた信じるもの

流れていく中で今までは本当

繋いだ音は 空に揺れる旗

ここならきっと 届けられるだろう

  • 作曲

    Bray me

  • 作詞

    こたに

Bray me 単体曲 まとめのジャケット写真

Bray me の“アソシエーション”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • Bray me

    2012年Vo/GtこたにとDr/Choありさを中心に静岡県にて結成。2018年に上京。同年4月に、同じく長野県から上京した Gt/Choイトウアンリが、2019年7月にBa/Cho SAKKOが加入し現メンバーとなる。 Vo/Gtこたにのどこか逞しさや強い芯を感じさせる独特の存在感と、ノスタルジックな憂いを帯びた歌声、幅広い音楽性と楽曲を武器に、地に足をつけた着実なスタンスで活動を重ねている。 今を生きる女性4人のリアルなメッセージと媚びることのないストレートなロックで、ガールズシーンのダークホースから大本命へと真正面から勝負を挑む。

    アーティストページへ

"