トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

熟せばややこしくなるものなのよ、女って。」これは、強がりで、実際に強くて、だけど寂しい「こじらせ女」の物語。

1st「近視のサエ子」では、リアルな "四畳半女" 像を表現。2作目シングル「ひとり踊る夜に」では、 "お酒に溺れる女" を艶っぽく歌い上げた。3作目となる今作は、よりサエ子の内面にフォーカスした “応援ソング” となっている。昭和アイドルを彷彿とさせるボサノバ調に、サエ子の脱力した声がアンニュイで閉じた世界を体感させてくれるだろう。

アーティスト情報

  • 近視のサエ子

    これは、強がりで、実際に強くて だけど寂しい「こじらせ女」の物語。 2017年 菊池博人がサウンドプロデュースする「めがねめがね」「うわつきぐせ」をリリース。妙齢女の4畳半物語を "めがね"の連呼で表現した独特の世界観が評価される。同年、音楽ブロガーの先駆者であり作編曲家であるこおろぎのアレンジで「アレ」を発表。依頼時のやりとりから完パケまでの行程をブログ「こおろぎさんち」で全て公開する。 2019年 サックスプレイヤー 米澤美玖に演奏を依頼した「ひとり踊る夜に」を発表。西宮さくらFM 6月の SAKURA SUPER SONG に選ばれる。 2020年 「近づかんとって」でロックとエレクトロニックな要素に初チャレンジ。新型コロナウィルスに戸惑う社会に向けた憤りやジレンマを母語である関西弁で歌い上げた。L'Arc〜en〜Ciel、福山雅治、相川七瀬、LiSAなど数々の楽曲制作に携わってきた原裕之がミックス&マスタリング、編曲をこおろぎが担当している。

    アーティストページへ


    近視のサエ子の他のリリース

MsMe creative studio