無音とポラリス

  1. 無音とポラリス

まるで波の音のような「ゆらぎ」をもつシンガーソングライター・大瀧ヌー率いる「大瀧ヌーバンド」の4ヶ月連続リリース第2弾となる配信シングルは、バンドの真骨頂である物語を感じさせるミディアムナンバー。
人と人との距離、SNSやスマホの中の世界、自分という存在の揺れ。そんな日々の寂しさや不安と、ポラリスという絶対的な存在との対比を軸に描いた、不安や孤独を感じている全ての人に贈りたい物語。

大瀧ヌー

YouTube動画投稿をきっかけに、2013年に作詞作曲を始め、シンガーソングライターとしての活動をスタートさせる。 天性の1/fゆらぎをもつと言われるスモーキーボイスに叙情的なメロディライン、物語的でエモーショナルな世界観に定評がある。 アートワークやイベントディレクションまでを一貫した表現として自らで手がける。 絵画やキャンドル・映像・茶道や伝統芸能とのコラボレーションなど、常に独自の表現を模索。主催イベントは軒並みソールドアウトとなるなど、音楽ファンのみならず幅広い層から支持を集めている。 2015年に1st Album 「いとおしいのはいつも不完全」、2017年に2nd Album 「その幻にふれる」をリリース。 2018年のSingle「Lantern」リリースイベントでは、クラウドファンディングによる野外劇場での単独ライブ・全員でのスカイランタン打ち上げを成功させる。 2019年5月に3rd Album「かぎりのないグラデーション」をリリース、全国ツアーを敢行。 同年8月には初のコラボシングル「夏の煙」を配信リリース。 2020年5月からは自宅クローゼットからの連続配信企画「in my closet」を開始するほか、 同年8月からはシングル4ヶ月連続配信リリースを敢行。 音楽のための音楽に止まらず、他の様々な要素と融合させ、楽曲のストーリーの中に深く入り込ませるような物語性の強い世界観を表現するSSW。

アーティストページへ

NU Records