トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

R-指定、般若、漢 a.k.a. GAMI、PES、SKY-HI、さらに、向井太一、おかもとえみ、YONA YONA WEEKENDERSとジャンルレスなゲストを迎えたアルバム「en route」。

発表から一年を経て、さらなる豪華ゲストとリミクサーを迎えたDELUXE盤。

客演には、鎮座DOPENESS、梅田サイファーからテークエム、Kenny Does、さらにSkaaiが参加。
新曲に加えて、Shin Sakiura、IXLによるRemixも収録。

現在プレイリストイン

Re:verse

Apple Music • エクササイズ:J-ヒップホップ

過去ランキング

en route

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 17位 • 2022年3月11日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 33位 • 2022年3月12日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 台湾 • 107位 • 2022年4月21日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 中国 • 131位 • 2022年3月15日

Re:verse

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 29位 • 2022年3月16日

Sensation

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 香港 • 2位 • 2022年3月19日 iTunes Store • 総合 トップソング • 香港 • 75位 • 2022年3月19日

過去プレイリストイン

Re:verse

Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年3月11日 Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年3月9日 Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2022年3月11日 Spotify • Best New Music: DIGLE SOUND • 2022年3月14日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年3月12日

アーティスト情報

  • KEN THE 390

    ラッパー、音楽レーベル”DREAM BOY”主宰 フリースタイルバトルで実績を重ねた後、2006年アルバム「プロローグ」にてデビュー。これまでに11枚のオリジナルアルバムを発表。 またテレビ朝日にて放送されたMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」へ審査員として出演。 近年は映像作品でのラップ監修、「ヒプノシスマイク Rule the Stage 」音楽監督、「PRODUCE 101 JAPAN SEASON 2」ラップトレーナーなど、ジャンルを超えた様々なプロジェクトへの参加、アーティストへの楽曲提供も行っている。

    アーティストページへ


    KEN THE 390の他のリリース

DREAM BOY