カマす or Die (feat. ZORN)

  1. カマす or Die (feat. ZORN)

現在プレイリストイン

カマす or Die

Apple Music • エクササイズ:J-ヒップホップ

過去ランクイン

カマす or Die

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 60位 • 2020年2月29日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 119位 • 2020年11月18日

過去プレイリストイン

カマす or Die

Apple Music • ヒップホップ ジャパン • 2020年3月13日 Apple Music • BLACK FILE • 2020年3月15日 Spotify • New Era: J-Hip Hop • 2020年2月26日 Spotify • Frontline -ヒップホップ最前線- • 2020年2月28日 Spotify • FNMNL • 2020年3月4日 Spotify • Spotify Japan 急上昇チャート • 2020年2月27日 Spotify • Tokyo Super Hits! • 2020年3月2日 Spotify • New Music Wednesday • 2020年2月26日

AKLO

東京生まれメキシコシティー育ち、日本人の母親とメキシコ人の父親を持つハーフ・メキシカン。 2012年にリリースしたデビュー作"THE PACKAGE"はiTunes 総合チャートで初登場1位を獲得。その年のiTunes"ベスト・ニュー・アーティスト"への選出やシングル曲"Red Pill"がMTV VMAJにノミネートされるなど、各メディアで高い評価を集め、一躍、注目アーティストとなる。 2013年にはNIKE "AIR FORCE ONE" 30周年オフィシャル・アニバーサリー・ソング "Future One" を発表。 2014年のフジロックでは、Damon Albarnのステージへサプライズ・ゲストとして出演。Gorillaz名義での代表曲”Clint Eastwood”でラップパートをグリーン・ステージで披露し話題を集める。 2014年、2年振りとなる待望の2nd ALBUM "The Arrival" をリリース。iTunes Best of 2014ではヒップホップ / ラップ部門で年間最優秀アルバムを受賞。 シングル曲”RGTO”はMTV VMAJやSSTV MVAにノミネートされ、YouTubeでは現在までに1000万回再生以上を記録するなど、自身の代表曲となる。 2016年 3rd ALBUM”Outside the Frame”を発表。 2017年にはドラマ主題歌タイアップ曲となった”Different Man”を収録したAKLOxJAY'ED名義でのコラボ作品『Sorry…come back later』をリリース。2018年、2度目となるドラマ主題歌にして2年ぶりとなる新曲”Dirty Work”を発表。 2018年夏にはZORNとのツーマンツアー『A to Z TOUR 2018』を開催する。 2019 AKLO + NORIKIYO アルバム『New Drug』を発表。

アーティストページへ

Studio A