のジャケット写真

Musical Traveler

  1. Musical Traveler
  2. Far East
  3. Around the Ark
  4. B.O.W
  5. Platz / Puls
  6. 纏う ~Matou (Wear it) ~
  7. Silver Forest
  8. Island Lovers

Conguero Tres Hoofers(以下CTH)が「LIVE CTH」以来、2年半ぶりのアルバムリリース。
2014年より3年間CTHが世界中旅をして出逢った国、街、人、文化から得た強烈なインスピレーションをそのまま音に落として楽曲化。

CTHの解釈で創られた楽曲は
その土地ならではの風土や人との繋がりが
色濃く、鮮やかに、力強く描かれている。
それでいてなぜか感じるノスタルジックでコンフォートな情景は、
改めて「音楽は国を越えて人の心をつないでいる」ことに気付かされる。
よみがえる彼の国の思い出、そして憧憬へと心を解き放ってくれる一枚。

Conguero Tres Hoofers

バンド名は[Conguero=コンガ(打楽器)叩き]、[Tres=ギター(の原型)]、[Hoofers=タップダンサー(の俗語)]に由来する。EDWIN CM や NHK WORLD 等への楽曲提供やプロデュース等で活躍する渥美幸裕 (Gt.)、北野武監督の映画「座頭市」や UNIQLO CM などで話題となった SARO (Tap)、真心ブラザーズから由紀さおりまでをサポートする西岡ヒデロー (Per.) によるバンド。シンプルな楽器と体を使ったフィジカルなライブ・パフォーマンスが話題となり、アルバムリリース前に GREEN ROOM FESTIVAL 2010、FUJI ROCK FESTIVAL 2010/2011には2 年連続出演を果たす。2011年1st アルバム、翌年には2ndアルバムをリリース、いずれもiTunes Music Store のジャズチャートで 1 位を記録。 2014年6月にはバンド初の54日間に渡る長期ヨーロッパツアーを敢行!国境を越えるごとに大きく変わる文化に刺激を受けながら、独特の音楽性と音の無い絶妙な「間」の存在感を更に進化させ国内ツアーに凱旋。 2015年にはロシアツアーにてロシアテレビ4局の出演、ライブCD「LIVE CTH」をリリース。2018年には3年ぶりのアルバム『 Musical Traveler』をリリース、世界を舞台に果敢なチャレンジを続けている。

DOUBLEFIVE