風花 (feat. 渡久地翔伍)のジャケット写真

歌詞

風花

松尾優

風が運んできたの 自由を運んできたの

羽広げて飛んでゆくわ どこまで行けるだろう

嬉しい?それとも悲しい?

今の気持ちはどんなだろう

寂しささえも満たされてる包まれるように

なくしたものがある 逢えない人がいる

もう2度と戻らない 涙してさよなら

傷付けたことも 傷付けられたことも

消えることはないと思っていたけれど

過去たちは美しく揺れて いつか花に変わって咲く

生きてきた道振り返れば これからに寄り添う

それはそれは優しく揺れて 強く強く背中を押す

「そのままお行きなさい

信じるその先へ その未来へ」と

風が運んできたの 自由を運んできたの

羽広げて飛んでゆくわ どこまで行けるだろう

嬉しい?それとも悲しい?

今の気持ちはどんなだろう

寂しささえも満たされてる 包まれるように

風に吹かれ 花びら舞う

どこまでも行ける

  • 作曲

    松尾優

  • 作詞

    松尾優

風花 (feat. 渡久地翔伍)のジャケット写真

松尾優 の“風花”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    風花 (feat. 渡久地翔伍)

    松尾優

「出発」
過去は癒え、もう歩き出せる。
抗えない思い、どうしても沸き上がってしまう思いに背を向けずに進んでいこう。
たとえ別々の道だっとしても、自分に心に素直になってその道を選んでいこう。
きっとまた会える、同じ思いを持った者たちで再び出会えるから。

2017年に松尾優が作った「風花」。
当時、その「風花」に感動した渡久地翔伍。

二人が少し先の未来(2021年現在)で、再び出会い、その「風花」とともに風の時代に新しく広がるように活動することになる。

「正解かわからない選択」だとしても、その時の自分を信じること、感覚を信じて進むことが、その先の未来に飛躍することにも繋がっていく。

アーティスト情報

  • 松尾優

    ピアニスト、シンガーソングライター 。 1990年10月15日生まれ / 京都出身在住 幼稚園で習ってきた歌を覚え、家に帰ってはおもちゃのピアノで弾いて家族に聴かせていた子供だった。 2015年にサカイ引越センターのCMソングとなった「君が大人になって」は、今や子供たちを送り出す卒業ソングとして学校や幼稚園などで歌われている。 学校の校歌の編曲や企業のイメージソングを手がけたり、京セラドーム大阪にてプロ野球試合の開会式で約3万人の観衆の中、3度の国歌独唱をピアノ弾き語りで果たすなど活躍の場を広げている。 '' 素敵な靴は素敵なところに連れて行ってくれる '' そのエピソードに願いを込めて、トレードマークとして赤いハイヒールを履き全国各地で演奏している。 ​ 2019年6月に中国でのデビューも果たし活動の幅を広げている他、最近話題となったのは京都駅に設置された駅ピアノで千本桜を弾いた動画が90万回以上再生されており、Yahooニュースはじめ数々のネットニュースにも取り上げられた。 歌いたい時には歌い、 弾きたいときには弾く 二刀流アーティスト。

    アーティストページへ

  • 渡久地翔伍

"