『 光 - リヒト - 』のジャケット写真

歌詞

『 光 - リヒト - 』

礼香

"ぼく"はすべてが中途半端な人間で

だけど歌だけはステージ(ここ)だけは

"ぼく"を"僕"にしてくれた。

客席から見るステージ(ここ)も

ステージ(ここ)から見る景色(せかい)も

全部全部僕のもの

このスポットライト(光)を浴びていたくて

このスポットライト(光)に生かされてきたの

もがき続けて好きで好きでたまらない。

伝えたくて届けたくて好きよりも愛してる。

ねえ覚えてる?

あのとき君に言ったこと

「もう泣かない」と

「次、泣いたときは…」と。

依存だと病気だと

何を言われたっていい

それでかまわない。

僕はステージ(ここ)にいたい。

立ち続けたい。

そして君と生きたい。

僕が歌いつづけるから、

君も奏でつづけてほしい。

そう願ってるんだ。

君の未来で僕が歌っていますように。

僕の未来で君が奏でていますように。

  • 作曲

    礼香

  • 作詞

    礼香

『 光 - リヒト - 』のジャケット写真

礼香 の“『 光 - リヒト - 』”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    『 光 - リヒト - 』

    礼香

Bright Soundグループに加盟している礼香の2nd Digital Single。
何かと中途半端な自分が歌に対する思いと、音楽を始めた頃からの心友(友人)へ向けた思いを書いた1曲。

アーティスト情報

  • 礼香

    Bright Soundグループに加盟し新たに活動を再開した礼香。 デビューとなる『祝福の詩』を配信限定でリリースしこれから活躍が期待されるアーティストとして名乗りを上げた。

    アーティストページへ

Bright Sound Group

"