何度も好きと言ってのジャケット写真

歌詞

Red Rose (feat. Grandcross)

Love Ballad

今蘇る希望の炎の色

それは真っ赤な薔薇のような恋心

このまま君を腕に抱いて

羽ばたきを待つ朝

大丈夫だ、僕がそばにいるから

(離しはしない)

心開いて僕に全て預けて

(愛する君を)

どんなに時が流れても

(消えない愛)

それが僕らの証

(Red Rose)

好きと一言だけ伝えていれば

こんなに辛くなることもなかった

これから起きる全ての奇跡は

僕らを運ぶ

大丈夫だ、僕がそばにいるから

(離しはしない)

心開いて僕に全て預けて

(愛する君を)

どんなに時が流れても

(消えない愛)

それが僕らの証

(Red Rose)

  • 作曲

    黒澤伸介

  • 作詞

    黒澤伸介

何度も好きと言ってのジャケット写真

Love Ballad の“Red Rose (feat. Grandcross)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Love song 決定版。ポップ・ロックを象徴する、ラブ満載のこのアルバムは、iRig2とIRig
Voice を BandLab で駆使して作った曲たちと、Logic Pro Xで作った曲が一曲入った、オルタナティブロック仕様。歌詞が彼の心を象徴している。

アーティスト情報

  • Love Ballad

    Grandcrossの黒澤伸介(クロサワノブヨシ)が、2019年にスタートさせたこのスタイルは、ラブソングの宝庫となるべく設立された。そして、英語が得意な彼が2020年に配信させたPopナンバーを制作し、彼の本筋である、Pop Rock は、オルタナティブロックシーンにラブロックを組み込んだ、歌詞はラブロマンス、曲はハードな曲を生み続けている。 2020年6月にオルタナティブロックの最高傑作、「何度も好きと言って」を配信。彼の曲はロックで歌詞はラブロマンスと言うスタイルは、形式無しのジャンル、オルタナティブロックを完全に網羅。Love Balladは完全体に近づいた証となった。

    アーティストページへ

  • Grandcross

    運命の回帰線とアベレージ線の交わる大十字を表すGrandcrossは、2000年にその前身であるGroundcrossが誕生、それまで、Guitarで書きためた黒澤伸介がオールパフォームド、オールコンポーズ、作詩作曲など全てを手掛け、2016年にデジタル音楽界にデビュー。彼こと黒澤伸介はDr. G. Vo. Key. を勤め彼自信得意のポップロック路線にオールジャンルなサウンドを盛り込むというコンセプトをもとに設立されている。彼の独自のサウンドメイクセンスである、メジャースケール、マイナースケールいったり来たりは独特の世界観を生む。

    アーティストページへ

Grandcross.info

"