わかんねのジャケット写真

歌詞

華首

カリカヌル女子子

雨に濡れた髪も

僕の名呼ぶその声さえ

もう何も感じないよ

罪作りな人よ

その瞳に映る僕は

後悔もないと言った

赤黒く終わってる

茜色刺す

華首金切り声も上げず

咲いては枯れゆく

首元がほら痛そう

でもとっても綺麗な茜色

どうします?これから最後まで

細く長い指の

冷めた爪を舐めたけれど

その味も愛せないよ

ほら早くと言った

茜色刺すカラクリハラキリ

透明と響く速度は上げてく

空色はまだ痛そう

でもとっても綺麗な茜色

脳を揺らす

止めたら最後だね

色々試してみても

動かないその世界

嫌味なほど空は赤く

心は終わりを知る

痛いよ、シミ

ここならもう

茜色刺す華首

金切り声も上げず

明日は消えてく

茜色刺す華首金切り声も上げず

咲いては枯れゆく

フラフラしてさ、痛いよ

でもとっても綺麗な茜色

ショーが終わる

これなら最後だね

  • 作曲

    爪楊枝地獄

  • 作詞

    爪楊枝地獄

わかんねのジャケット写真

カリカヌル女子子 の“華首”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

わかんね

カリカヌル女子子

ex.誘導尋問、爪楊枝地獄によるソロプロジェクト「カリカヌル女子子」初のアルバム

アーティスト情報

"