23のジャケット写真

歌詞

23

KOJOE

I’m ill for real

マイクを握る

Like a samurai

1 bars 1 kill

Slice up all nite

Mo lights 4 life

Dressed up force 1

New kicks all white

Well all right

Mo pain mo fly

Mo money mo dies

Media の lies

うそ 崩壊

人権 yalife

WTF 乗んない

Heroes 困憊

AU phone lines

Get it ? So high

Already lofi

23 MJ

16 MK

Lil babe danileigh

All the way up

All the way up

All the way the fuck up

Fakeはback the fuck up

Makeしてact fucked up

アートノックしてblacked out

地下のフローは locked up

Behind bars on top notch

Fine cars I hopped out

言葉は武器 標準装備

ベロ多発同時

任せろ 道路工事

They call me OG シージャー

But I feel like I’m 王子

PrincessはMary J Roll it

Spark that blaze that

Don’t waste that L

Puff puff puff n pass that L

攻撃は最大の防御 word to momma

ありのまま でしかいれない奴のサガ

逆さまのライフはjus Flip like a burger

Murder we call it rhymes cash converter

I don’t give a flack like Roberta giving up

Is hard to do so what tha fuck we suppose to do?

Word to Donny for all we kno we may neva see again speak again

So turn up the speaker gain

第一印象が死ぬ前のBest Shot

Next upのチャンス回ってこなくても

Head Shot

いつでも狙ってる why not

ペン先はDusty

拳はハスキー

Knowledgeをhustling

マイクはタスキ

上には上がIllmatic マジでNasty

メイクしたあかつき

手に入れる pass key

結局 it’s bigger than Hip-Hop if u ask me

  • 作曲

    MONEY JAH

  • 作詞

    KOJOE

23のジャケット写真

KOJOE の“23”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

23

KOJOE

過去プレイリストイン

23

Apple Music • ヒップホップ ジャパン • 2020年9月4日

アーティスト情報

  • KOJOE

    新潟生まれ、NYクイーンズ育ち。07年にNYのインディペンデント・レーベル、RAWKUSと契約し、コンピレーション『Rawkus 50 Mixtape Vol.1』に参加するもその後にRAWKUSが閉鎖。09年に帰国後は英語と日本語をミックスし、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルのラップ・スタイルを武器に数々のアーティストと共演するも、完全インディペンデントなスタイルを貫き通した孤高のラッパーとして日本のシーン内で特異な存在を確立。同業者からも圧倒的な支持を受け、様々なレーベルから様々な名義で作品をリリースし、近年はOLIVE OILや5lackとのリンクで新たなファン層を広げているバイリンガル・ラッパー。

    アーティストページへ

J Studio

"