「霰曲第-273.15番」のジャケット写真

歌詞

ブライドネス

ドレミ・ファ

近頃、流行っている女の子とは真逆過ぎる位の私です。

"君"は、そんな私に言いました。「恋に落ちました!」

と、この焦げそうな気持ちに名前はあるのだろうか…?

あるとしたら、私はそれを知りたいと思ってしまった。

唐突に、「僕の視界は間も無く光を失うから…」

強引に、「その前に、世界の端を観に行こう!」

- "君"は、そう言って、笑いながら連れ出してくれて、私は嬉しかった。-

醜いと嘆く私。に、閉ざされた筈の一番奥の部屋で、"君"は、

ぽつり、言いました。「目が見えない僕には、関係ないよ!」

「君が僕の目になって、世界をその清い声で教えておくれ!」

「僕は君の光になって、明日を生きる意味になればいいな!」

- "君"は、そう言って、誇らしげに笑って、私はこの気持ちの正体を知った。-

「"花"は、見えずとも、浮遊、香りがわかる"鼻"が、在る!」

「"鳥"は、今日も歌うから、僕もこの"口"で、唄を歌える!」

「"風"は、見えずとも、昔からずっと"身"で、感じている!」

「"月"の、光は…もう、僕の世界には射し込まないんだな…」

- "君"は、そう言って、悲しそうに笑って、私は胸が苦しくなった。-

「な…んだ…世界の端っこって、こん…な…もんなんだ…?」

「(だって…隣にいる君のほうが、ずっと美しいんだから。)」

- "君"は、そう言って、笑いながら泣いていて、私も泣いたんだ。-

儚いと嘆く私。に、開拓された後の一番深い愛情で、"君"は、

ぽつり、言いました。「目が見えない僕でも…結婚してくれるかい?」

「君が僕の花嫁になって、人生をその清い声で支えておくれ!」

「僕は君の花婿になって、未来を生きる理由になればいいな!」

- "君"は、そう言って、恥ずかしそうに笑って、私は永遠を誓った。-

  • 作曲

    anormal.D.nightmare

  • 作詞

    heartphilia.E.merrybell

「霰曲第-273.15番」のジャケット写真

ドレミ・ファ の“ブライドネス”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

「霰曲第-273.15番」

ドレミ・ファ

  • 1

    スノウ・フロマージュ

    ドレミ・ファ

  • 2

    アドレス・ア・ドレス・アクトレス

    ドレミ・ファ

  • ⚫︎

    ブライドネス

    ドレミ・ファ

アーティスト情報

ドレミ・ファ

"