トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

2018年にキーボード奏者グレッグ・マニングのプロデュースによるアルバム『Saxcess Story』で全米デビューを果たし、ワールドワイドに活躍をするSmooth Jazz Saxpleyer、WaKaNaの待望の2ndアルバム。

今作にはグレッグのプロデュース楽曲(M6-SilK, M9-A Sunny Day)に加え、M4-Yearning For Your Love(The GAP Band Cover song)では、プリンスを支えたニュー・パワー・ジェネレーションの最後のサックス奏者エイドリアン・クラッチフィールドのプロデュースの元、ペイズリーパークのエンジニアが参加。
M10-Take It To The Topはデイブ・コーズのバンドメンバーでビルボードトップチャーティングアーティストのアダム・ハウリーのプロデュースの楽曲であり、パーカッションにシカゴのラモン・イスラスが参加。

また、既にシングリリースされ、全米でヒットを記録したM11-Go for the Sound ft. Darren Rahn & Koh Mr. Saxmanでは、Smooth Jazz NO.1プロデューサーの呼び声が高いダレン・ラーンと、タイの国民的サックス奏者のコー・ミスターサックスマンが共演をしている。

その他にもジョナサン・フリッツェンやロッコ・ヴェントレーラなどヨーロッパのSmooth Jazzシーンをリードするミュージシャンも参加し、世界への更なる飛躍を期待させる1枚となっている。

M6-SilK, M9-A Sunny Dayは2020年LAにてレコーディングされた。

参加ミュージシャン
WaKaNa(As,Ss,Vo), Greg Manning(Keys,Programing,Vo),
Darren Rahn(Ts,Keys,Programming), Koh Mr.Saxman(As), Adrian Crutchfield(As,Keys,Programming,Vo),
Adam Hawley(Gt,Keys,Programming), Ramon Yslas(Per),
Jonathan Fritzén(Keys,Programming), Alex Crown(Gt), RoccoVentrella(Sax,Keys,Programming), Matt Godina(Gt,Keys,Programming),
MARI(Keys,Programming), Frank Selman(Gt), Mel Brown(Ba), Jay Gore(Gt),
Christopher V.Turner(Keys,Vo), Carmelo Smith(Gt), Archie "Snoop" Pearson(Ba), Rischard Jenkins(Dr),
Darrell Crooks(Gt), Masa Kohama(Gt), Kenji "JINO" Hino(Ba), Nieve(Rap), SoulChef(Programming), Kay-Ta(Gt),
Nathaniel Kearney Jr.(Ba), Eric Valentine(Dr), Allen Hinds(Gt), Tarell Martin(Dr)

過去ランキング

A Sunny Day

iTunes Store • ジャズ トップアルバム • 日本 • 5位 • 2022年5月14日 iTunes Store • ジャズ トップアルバム • アメリカ • 13位 • 2022年5月15日 Apple Music • ジャズ トップアルバム • ドイツ • 95位 • 2022年5月16日

Just You

iTunes Store • ジャズ トップソング • カナダ • 8位 • 2022年5月14日

Fika Talk

iTunes Store • ジャズ トップソング • カナダ • 7位 • 2022年5月14日

A Sunny Day

iTunes Store • ジャズ トップソング • カナダ • 6位 • 2022年5月14日

Take It To The Top

iTunes Store • ジャズ トップソング • カナダ • 5位 • 2022年5月14日

アーティスト情報

  • WaKaNa

    千葉県富津市出身 尚美ミュージックカレッジ専門学校卒 JAZZ、SOUL、R&Bに深く傾倒したテクニカルなサックスを武器に、一度聞いたら離れない強烈でキャッチーなフックを生み出す天性のセンス。 2010年秋、アカデミックに偏ったJAZZに窮屈さを感じ、積極的にCLUBシーンにアプローチ、ラッパーやヴォーカル、DJとのフューチャリングを軸とした活動を始める。 最近では世界で一番売れている"JAZZY&MELLOW HIP HOP"モンスター・コンピレーション・シリーズ、『IN YA MELLOW TONE』のre:plus bandとして韓国、中国等アジアにも進出中。 ポップインストバンド『LUCA』メンバーとして日本中で活動中。 カナダのリードメーカーLegere https://www.legere.com/artists/wakana-inamura 台湾の楽器メーカー、P. Mauriat http://pmauriatmusic.com/en/artists/artist/230-wakana-inamura アメリカのマウスピースメーカーTheo Wanneと2017年エンドーサー契約。 https://theowanne.com/artists/wakana-inamura/ ​ 自身初となるアルバム制作のためクラウドファンディングを2016年に実施する。 見事目標達成し2017年2月Greg Manning氏のプロデュースで夢のL.A.レコーディングを行う。 2017年4月千葉県富津市観光大使に就任。 5月ロサンゼルス JACCCにて行われたAsian American Music Festivalに出演する。 ​ 2018年2月 1st Album "Saxcess Story" をリリース。 https://www.amazon.co.jp/Saxcess-Story-WaKaNa/dp/B078JDLMTB ​ 1月アメリカ 2月東京を皮切りに千葉、埼玉、中国、台湾を経て 4月Motion Blue Yokohamaをツアーファイナルにプチツアーを行う。 ​ 将来は世界中で演奏をしてたくさんの方を笑顔にさせたいです。

    アーティストページへ


    WaKaNaの他のリリース