こたつとみかんの国からのジャケット写真

歌詞

こたつとみかんの国から

ayatopia

けむる電車が レールをこすり

揺れて 鳴いて

いまいましさを すりつぶす

世間の情勢が

ゴキゲンになるスピードに

ついて行けず 人知れず

心がグズる

相談してくれたら

良かったのに……と

上から目線な君の言葉じゃ

救われない

とむらわれても困るのよ

さよなら 美しき 時間どろぼう

花束なんか いらないわ

さよなら 美しき 時間どろぼう

嘘つき男と 口だけ女の

気分の波が

あいまいな夢 ひきちぎる

時代の変わり目は

みんな風邪をひくのねと

こたつでみかん  剥きながら

少しふるえた

あたしらしくないものに

乗っ取られないようにと

身構えて生きてきたけれどなんだか

進めない

とむらわれても困るのよ

さよなら 憎らしき 時間どろぼう

上書きしたら 歩けるかな

さよなら 美しき 時間どろぼう

さよなら 美しき 時間どろぼう

  • 作曲

    ayatopia, 松永康一朗

  • 作詞

    ayatopia

こたつとみかんの国からのジャケット写真

ayatopia の“こたつとみかんの国から”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    こたつとみかんの国から

    ayatopia

「Oh! Monster」「Sweetie, Sweetie」「外房エレジー」に続き、アヤトピアの4枚目となるシングル「こたつとみかんの国から」。
アヤトピア特有の声や楽曲の持つノスタルジーが、シンプルなロックスタイルによって顕著に浮き出された、骨太な一曲となっている。

アーティスト情報

  • ayatopia

    福島県いわき市生まれ。日常のささいな思いをぼそぼそっと歌にする、フォーキーで少しトロピカルなシンガソングライター。2011年、モダンフォークトリオ「ミディアムトレンチ」の「最中小豆」として作詞・作曲、ヴォーカルを担当するが、2013年に活動休止。その後、ソロユニット「ayatopia(アヤトピア)」名義でギター、ウクレレの弾き語りを始め、都内を中心にライブ活動を続ける。2019年、1st Album「1122」を発表。ハワイと台湾と雪山と珊瑚礁が好き。

    アーティストページへ


    ayatopiaの他のリリース

ぴきよスタジオ

"