のジャケット写真

エアー

  1. エアー

自然の環境音を取り入れ、緩やかな風の様な曲に仕上げました
環境音収録地:和歌山県田辺市中辺路町の山々、森、田んぼ周辺

奥野裕美子(ボーカル、コーラス)
福島正知(ピアノ、ギター、ベースギター、シンセサイザー、エンジニアリング)

ゲスト:下田藤百史(ギター)

あわ屋

tOmOkicHi(福島正知)とyU(奥野裕美子)の二人によるサウンドアートユニット。 熊野の自然と共に暮らしながら“音のアート作品”を制作。 自然環境のサンプリング音を取り入れた電子音楽、篳篥や三味線といった古典楽器からシンセサイザーなどを駆使した現代的な楽器演奏、その場に流れる空気からインスパイアされて生み出されるヴォイスパフォーマンス等、さまざまな音素材を紡ぎながら、生命や宇宙の神秘を独自の音世界観で表現し、楽曲制作、ライブパフォーマンス、インスタレーション展示などに展開。 高野山や、BIWAKOビエンナーレ、美術館などでの独創的な舞台制作とその圧倒的なパフォーマンスは、国内のみならず海外からも注目を浴びている。

スタジオAWAYA