トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

「リスタート」 は将来が見えなくなり、淡路島に移り住んだ時に書きました。音楽も仕事も何もかも手がつかなくなり、家に引きこもっていた日々。淡路島での自然と人の温かさに触れた経験。夢に向かってもう一度頑張りたい!でもその勇気がない、自信がない。それでも一歩でも前に進んでみたい。そんな気持ちを表現しました。人生はいつからでもリスタート(再出発)出来るんだという想いが多くの方に届き、心の支えとなることを願っています。メディアタイアップ「CATV・J:COM東葛葛飾デイリーNEWSエンディング曲/レインボータウンFM挿入歌」

アーティスト情報

  • 吉崎さとし

    千葉県松戸市に生まれる。早稲田大学在学中に音楽活動スタート。2008年、1stミニアルバム『VOICE』リリース(自主制作/完売)。翌09年11月、初のソロコンサートを森のホール21小で開催する(200名動員)。11年4月、大学卒業後起業するも心のバランスを崩し活動休止。12年6月、淡路島に移り住む。農業や制作活動に没頭し、自然と人の温かさに触れ徐々に回復。同年9月、松戸に戻って音楽活動を再開する。  13年4月、J:COM東葛葛飾Daily Newsに『リスタート』が採用され、本格的に音楽の道を歩み始める。同年10月、1stアルバム『Restart』をリリース(完売)。翌14年、2ndミニアルバム『Natural』をリリース(完売)。15年4月、歌う松戸観光大使に就任。松戸PRソングを制作し(ゆるキャラ松戸さん、あじさいねぎ他)、NHK首都圏ネットワークで特集される。また、チバテレ「Jソングアワー」にレギュラー出演し、同番組CMソング『未来へ』を提供(主演:浜田光夫)。福島県南相馬市での慰問演奏や、ALS患者ふなご靖彦氏との講演活動も実施。松戸花火大会をはじめ多数のイベントに出演し、2013~19年の6年間で演奏1,000本を達成。森のホール21小で3回のソロコンサートを開催し、500席の会場が満員となる(14,16,17年)。  21年4月、円錐角膜が進行し急性水腫になり、一時左目の視力を失う(後に回復)。コロナ禍もあり一時活動を休止するも、22年4月、カラオケDAM『リスタート』配信を機に活動再開。作詞作曲にも力を入れ、法人や団体、個人へ楽曲提供した数は36曲に及ぶ(23年1月時点)。22年12月、吉崎さとし後援会を発足。  現在はソロ活動の他、アーティストサポートやボイストレーナーをしながら「目の前の人を幸せに。世界中の人を笑顔に。感動と癒しと安心感を」届けるべく、歌い続けている。

    アーティストページへ


    吉崎さとしの他のリリース

シングオンレコーズ