Offshore

  1. Offshore

2018年に全くの無名ながらSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位になり、以来リリースする楽曲がSpotify公式プレイリストの常連となったKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。日本だけでなくアメリカ、台湾、インド、インドネシアなど様々な地域で聴かれており、現代的な音楽シーンを個人で切り拓く彼の動向に、徐々に注目が集まりつつある。そんな彼の最新作「Offshore」は、真夏の海辺を彷彿とさせる爽快なダンスインストゥルメンタル。湘南エリアを拠点としながら、海を通じて感じた陽気な空気を女性目線の多彩な色使いで表現する画家、山田結実の作品をアートワークに起用。Kotaro Saitoが得意としているアコースティックな音色とアナログシンセの生き生きとしたサウンドの掛け合わせが、繊細で奥ゆかしい海を描いた絵画と折り重なり、タイトルの通り沖に向かって漕ぎ出したくなるような推進力を生んでいる。焼けるように暑い日が続く夏。Offshoreは湘南エリアのドライブや夕暮れのチルタイムなどは勿論のこと、Kotaro自身がこの作品を着想した、ビルに囲まれて灼熱となる東京での移動時にイヤフォンを通じて感じられる涼の喜びもまた心地よい。街並みや景色に着想し曲を生み出し続けるKotaro Saitoが提唱する「Life Style Music」を、生活の一部に取り入れてみてほしい。

Kotaro Saito

作曲家、音楽プロデューサー。 中学3年間をインドで過ごし、独学でピアノと作曲を習得。慶應義塾大学を経て 博報堂に新卒入社。5年で独立し国際連合・ワコールなどのCM・舞台・ショー音楽制作を開始。2018年リリースの「BRAINSTORM」より「秒の間」「Brainstorm」がSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位、2位となり話題になる。またアルバム曲「Love Song」は現在八景島シーパラダイスナイトショー「LIGHTIA」のメインテーマ、BSスカパーの番組「PARA SPORTS NEWS アスリートプライド」のエンディング曲に。2019年にリリースした楽曲全てがSpotifyの公式プレイリストでピックアップされ、台湾のバイラルチャート入りも果たし、活動領域をグローバルに展開中。 (オフィシャルウェブサイト www.kotarosaito.com)

アーティストページへ

MuLogica