桃色妄想水槽

  1. 桃色妄想水槽

▼【桃色妄想水槽】大人だけど子どもの様で、
曖昧な女の子が見ている夢の世界。
摩訶不思議な妄想旅行から目が醒めると、
どこまでも広がる灰色の日常。
ピンクの潜水艦はプカプカ煙を吐き出して、
夢と現実の間を飛び続ける。
桃色の涙で溢れる彼女の心は妄想の水槽。
女の子は自由気ままな宝探しへ、
今日も夜の海をくるくると泳いでいく。

▼野佐怜奈が2020年にリリースするニューアルバム「スポーツと気晴らし」から、2019年11月より毎月1曲、シングル曲を先行配信。
作詞は野佐怜奈、作曲はバンドマスターでドラムスのなかじまはじめが担当。様々な音楽ジャンルをクロスオーバーさせた野佐ワールドを存分に堪能出来る。
前作のカヴァーアルバム『エンドレス・パーティー』の制作に参加したスタッフによるサウンドとビジュアルのオリジナル楽曲を発表する。
▼配信シングルのジャケットは各曲、様々な作家/イラストレーターの作品を使用。起用する作家/イラストレーターは作家と共にアート活動をする「ミッドナイトストアー」主宰・山口’Gucci’佳宏がチョイス。
野佐と作家/イラストレーターとのイメージのミックス、コラボレイトされたジャケットであり、野佐怜奈作品には今までになかったヴィジュアルで新しい展開を見せている。

▼「桃色妄想水槽」
(作詞: 野佐怜奈 / 作曲: なかじまはじめ)
vocal & ukulele: 野佐怜奈
drums, guitar & programming: なかじまはじめ
synth bass & chorus: 勝原大策
guitar & ukulele: 武藤良明
chorus: 伊藤絵理子
sound produce & arrangement: なかじまはじめ
mixing & mastering engineer: ヤマサキテツヤ
▼illustration: 佐々木未来
design: 真舘嘉浩 (WATERS/ORGASMO)
art direction: 山口’Gucci’佳宏

▼artist photo: 齋藤真理
art direction: 真舘嘉浩 (WATERS/ORGASMO)
hair styling: 宮下徹夫 (Panoramica)

野佐怜奈

神奈川県横浜市 11.4生まれ。 歌手。バンドやユニット、ソロでの活動を経て、高浪慶太郎(ex.ピチカート・ファイヴ)との出会いを機に 2012年「野佐怜奈」としてソロ・デビュー。1stアルバム"don't kiss、but yes"を発表。 2018年自身初のカヴァーアルバム「エンドレス・パーティー」をリリース。 2020年にリリースするニューアルバム「スポーツと気晴らし」から、 2019年11月より毎月1曲、シングル曲を先行配信。 作詞は野佐怜奈、作曲はバンドマスターでドラムスのなかじまはじめが担当。 様々な音楽ジャンルをクロスオーバーさせた野佐ワールドを存分に堪能出来る。 前作のカヴァーアルバム『エンドレス・パーティー』の制作に参加したスタッフによる サウンドとビジュアルのオリジナル楽曲を発表する。 配信シングルのジャケットは各曲、様々な作家/イラストレーターの作品を使用。 起用する作家/イラストレーターは作家と共にアート活動をする 「ミッドナイトストアー」主宰・山口’Gucci’佳宏がチョイス。 野佐と作家/イラストレーターとのイメージのミックス、コラボレイトされたジャケットであり、 野佐怜奈作品には今までになかったヴィジュアルで新しい展開を見せている。 「岩下の新生姜Sing&Playコンテスト 第4章 ~Love&NewGinger~」(2018年)グランプリ受賞。 趣味は街で見つけたパンダを撮影すること。 ライブや楽曲制作以外に7インチレコードでのDJ、 のさうさぎ似顔絵屋さん、17Liveでの配信や ウクレレ弾き語ってみた動画等々鋭意活動中。 ■過去在籍ユニット・バンド・ソロ活動名 その名はスペィド、ノーサレーナ、タルトタタン(暫定) 野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ、特別編成梅雨時ジメジメバンド(仮)、 ビニール・ドーナツ loves 野佐怜奈、響レイ奈 * 第一弾配信シングル「桃色妄想水槽」 artist photo 齋藤真理 art direction 真舘嘉浩 (WATERS/ORGASMO) hair styling 宮下徹夫 (Panoramica) special thanks 伊藤絵理子 illustration: 佐々木未来 design: 真舘嘉浩 (WATERS/ORGASMO) art direction: 山口’Gucci’佳宏

アーティストページへ