432HZ MUSIC JAPAN COVID-19 CONCERT LIVE AT NAGANOのジャケット写真

432HZ MUSIC JAPAN COVID-19 CONCERT LIVE AT NAGANO

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

432HZ MUSIC JAPAN では、20年前に日本に存在していた、GODAIというグループの曲を発表する事に成りました。

GODAIは元映画監督のDaisuke Yahagiと、432HZ MUSIC JAPANのHeigo Yokouchiの2人のグループで、アースウインドアンドファイアーのモーリスホワイト氏がスーパーバイザーを務めました。大きな期待を集めましたが、ある楽曲がどうしても完成せず、2作品のみで続編は出来ませんでした。
GODAIの音楽の特徴は、当時日本国内ではエアーサウンドと呼ばれていました。3Dイメージシフターを駆使した派手なパンニングと、壮大な音世界で、地球讃歌であり、自然崇拝の音楽です。日本航空、NHK、その他の様々な番組に、GODAIの楽曲は使用されて来ました。
2020年、世界的なパンデミックに於いて、このGODAIの様な音楽を、今こそ世界に発表しようという事になり、これまでに432HZ MUSIC JAPANで演奏してきたプレイヤー達の協力で、ホールでの無観客録音により440Hz→432Hz化を施す事で、GODAIのプロデューサーのDaisuke Yahagi氏の承諾が得られたので、未完成と成っていた曲も含めてここに発売を開始致します。無観客乍ら生収録の為、所々雑音が入っておりますが、現場の雰囲気をそのまま残してお届け致します。

コンサート出演者は以下の通りです。五十音順にご紹介いたします。

歩稲 麦
VOCAL&三味線
今回なんとコンサート2日前に急遽出演を要請しました。台風で出演者が到着出来ない事態を想定したために、補充でお願いをしたのです。
和太鼓の桝本 久栄 氏のお友達で、長年プロとして、日本では当時誰もが知っていた歌手とペアを組んで、全国で活動していました。この様にステージに立つのは10年振りとの事ですが、ご縁とはこういうものなので、これからもよろしくお願い致します。時間が全く無い中で、慣れない楽曲に取り組んで頂き、感謝致しております。

池の本 和美
vocal
幼い頃より歌唱に親しみ、JAZZ,日本の伝統歌曲,ゴスペ
ル・ミュージック,ブルース,POPS,民謡等のプレイヤーとセッション。 前田憲男による全曲アレンジで、「前田憲男&ウィンド・ブレーカーズ」の演奏によるアルバム「花明かり」が発売以来、好評を得ています。決して大きいとは言えない体から発せられるダイナミクスに富んだ歌声とのアナウンスですが、実はこの方は百変華の表現力を持っています。
バイク乗りとしても注目を受け、東京モーターサイクル
ショー、モトクロス全日本選手権、YAMAHAスター
ミーティングなどオートバイのイベントでもトークやパ
フォーマンスの場を広げています。
この方はかつてGODAIのスタジオに何回もいらっしゃっていました。そこでの思い出からか、今回のコンサートをとても楽しんで下さっていたのが、私たちも嬉しかったです。

太田 光子
リコーダー
ミラノ市立音楽院をディプロマを得て卒業。
第16回国際古楽コンクール第一位受賞。
カール・ジェンキンス指揮「アディエマス」にソリストとして参加。イタリアの“Arcomelo”にソリストとして参加、表現力と高度なテクニックにおいて高い評価を得て、イタリアのレーベル「ラ・ボッテガ・ディスカンティカ」よりCD「ヴィヴァルディ/リコーダー協奏曲」を2013年にリリース、レコード芸術誌にて特選盤に選出。
キングレコードよりソロアルバム「グリーンスリーブス~笛の楽園」をリリース、その他、多数のアルバムを発売しています。全日本リコーダーコンテスト審査員を務める等、後進の指導にも力を入れています。
キングレコード様の時代から遡って、 私の音楽には1番沢山登場するお方なのですが、実は滅多にお会いできません。しかも前回一緒にコンサートをしたのはなんと20年前。音楽では太田様とは毎日お会いするのに、御本人と久々にお会い出来て嬉しかったです。

渋田 篤
ギター
私とは、コロナが来る前迄、一
年の内半分近くを一緒にプレイしていました。
彼の関わるアーティストは、全て日本の古い
スタイルの歌手になりますから、世界ではあま
り知られていませんが、日本では知らない人
が居ない一流ばかりと共演しています。今回は
中島岳氏が『Purple Night』のみでしたから、
あとの全部を1人で、不思議サウンドの宝庫。相当変わった人ですが、実は相当優しい人です。たいそうお疲れ様でございました。
日本のコンサート業界ではおそら
く、去年は彼が1番忙しいギタリストの筈でし
たから、今の内に是非ゆっくりした生活を満喫して下さ
い!

Junjun
アフリカンパーカッション
この方とは1番古くからのお付き合いの同志であります。自然讃歌、未来志向、優しさ、と言った、彼が持っている素晴らしい世界観を、此処でも披露してくれています。日本ではドームツアーをする様なアーティストや、世界的アニメ映画であるスタジオジブリの歌手のコンサート等で演奏をしています。今回のコンサートでは、Heigo Yokouchiがインドで共演した西アフリカのパーカッション奏者を、山ほど機材を持ち込んで、そっくりに再現してくれました。ありがとうございました。

中島 岳
ギター
幼少よりエレクトーン、サックス、ドラムを初め13 歳でギターに出会いました。日本の軽音楽では、高度な人が勉強する為のクラスであるAN MUSIC SCHOOL に入学。在学中、二年生の時に最年少でYAMAHA PMS ギター科講師資格取得。AN MUSIC SCHOOL 特待生に歴代最高得点で選ばれると同時に同校の講師に就任。その演奏技量はレコーディングのみならず、実演におけるライブ・パフォーマンスでも高い評価を得ています。
2014 年10 月から日本の有名アーティスト、家入レオのツアー参加を初め様々なメジャーアーティストのツアーやライブに出演。また数々のCD のレコーディングにも参加。自身もソロアルバム
『OVERSOUL』
『アイアムギタリスト』
を発売する他、アーティストのプロデュースや、ライブハウスラジオ、TV、楽曲提供など精力的に活動中。
この方とは某アーティストさんのコンサートツアーで、今も一緒に全国を廻っています。今回は文化庁のコロナ対策コンサート企画の一環で、敢えてリモート出演を試みるため、
『Purple Night』のみの出演でしたが、是非今度はステージ上でこれをまた再現しましょう。私の亡き父親もギタリストでしたが、父親が使っていたアンプと同じオールドのアンプを使っていて、それはもう何十年も経った真空管の管理がかなり大変なのに、それをシビアな現場に持ってくるガッツがいつも音に出ていますから、私は本当にこの人の事が大好きです。

平野 なつき
Electric bass,Contrabass,Electric upright bass
3歳からエレクトーンを始めました。大学進学と同時にジャズのビッグバンドでベーシストとしての活動を開始。「東京ブラススタイル」に加入し、2007年にメジャーデビュー。その他にも様々なアーティストのサポートを行いながらジャンルにこだわらない柔軟なプレイスタイルを確立していき、Bass Magazineでは「次世代の女性ベーシスト特集」にて取り上げられています。2017年には松尾スズキ演出/長澤まさみ主演のミュージカル『キャバレー』、2018年2019年には三谷幸喜演出/戸田恵子出演の『虹のかけら』に出演しています。確かな実力と、繊細さを兼ね備え、更にコントラバスとエレクトリックを駆使した斬新なプレイで、日本では最も注目を集める次世代のベーシストです。
この方とはとあるコンサートで約1年間ご一緒しました。普通はこの方の音色と確かなリズム感やアグレッシブなプレイに耳が行きがちですが、1年間間近で一緒に演奏して、この方の非常に繊細なリリース音のピアニッシモを聴いた時に、世の中にそれを伝えたいと思いました。今回はスケジュールが合わず、リモートでの共演ですが、今迄沢山一緒に演奏して来たので、そこに居るのと全く変わらない音でコンサートが出来ましたよ。次は全員集合したいですね。大変な中ありがとうございました。


枡本 久栄
和太鼓
日本の大地には、4つのプレートが集まり、地震が絶えません。こういう地理は世界に類を見ない現象だそうです。しかもそのうちの3つのプレートが一つの点で接するという、奇跡の場所があります。それは長野県の諏訪湖だそうです。そして、此処には太古から存在する神殿があります。 諏訪大社です。
諏訪大社には、世界一の巨大和太鼓が鎮座し
て、それがまるで、地球の巨大地震を小さく鎮
める働きをしているかの様です。自然讃歌の私
達432HZ MUSIC JAPANにとっては、地球と
対話する和太鼓演奏は非常に重要です。現在諏
訪湖の地には、和太鼓を演奏する数多くのチー
ムがあり、風乃楽団は岡谷響楽舎様のこの方にご協力
を賜りました。ありがとうございました。



松本 太郎
尺八
1973年、大阪生まれ。竹保流のライリー・リー師に師事。同師の導きで、オーストラリア に留 学。1997年よ り、琴古流の石川利光師に師事。虚無僧本曲、古典三曲、現代曲、蘭童曲を学び、後に、琴古流鈴慕会の 手法を米村鈴笙師に学びます。虚無僧本曲をベースに、ジャズ、三曲、現代音楽ほか、各種コラボレーショ ン、芝居の音楽やオペラの演奏等、国内外で、多彩な活動を続けています。尺八の普及、伝承の為、日本最古の都。奈良の地に尺八教室を構え、後進の指導にあたります。
私はこのお方とのご縁を頂き、ミニアルバムを出しています。そこに収録された『荒城の月』はアメリカ大陸でかなりの再生数になって、大ヒットしています。今外国ではかなり沢山のファンが居る筈です。お陰様です。今回も非常に自然な感じの素晴らしい演奏を誠にありがとうございます。台風で到着出来ない危険がある中、大変な思いをしてお越しくださいました。有難うございました。

松本 晴衣

7歳より、奈良市音声館箏教室にて箏を始めました。
10歳より、地歌箏曲演奏家 竹山順子師に師事。手ほどきを受けました。12歳より谷垣郁子師に師事。現在14歳にして、様々なコンサートに客演。
正確なリズム感と、基本に忠実で繊細な一面が同居した素晴らしい筝奏者です。
私が今回1番驚いたのはこの方です。ステージでの佇まいが堂々としていて、音量と音色もその佇まい通りでとても安定していて、非常に録音のし易い方でした。大変御若いこの箏奏者の未来が、無事に続いて行って欲しいです。

このコンサートは、日本の文化庁の助成金で執り行われました。ご協力に感謝致します。

2020.10.30 横内 丙午 記

Produce
432HZ MUSIC JAPAN Producer
Goro YOKOUCHI.

GODAI.
GODAI are Daisuke YAHAGI & Heigo YOKOUCHI.

Stage Director, Sound Derector, Lighting, Movie shooting
Chinoshi Chiiki Bunka Souzou co.,Ltd.
Instrument Tech. Nobuhiro HIRABAYASHI
English translation HOKA
Staff
Makiko HIRABAYASHI, Minami MATSUMOTO, Kana MATSUMOTO, Momoko ISHIKAWA, Shiomi KUBO, Momoko INOUE.
Special Thanks
Daisuke YAHAGI, Hirofumi FUJII, Takeshi KUDO, Hiroshi MISAWA, Toru WADA, All GODAI & Kazeni Gakusho musician & Staff

過去ランキング

432HZ MUSIC JAPAN COVID-19 CONCERT LIVE AT NAGANO

Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • ルーマニア • 12位 • 2023年1月19日 Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • ベルギー • 14位 • 2021年5月16日 Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • 日本 • 16位 • 2021年1月1日 Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • アラブ首長国連邦 • 26位 • 2022年7月11日 Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • コスタリカ • 26位 • 2022年5月13日 Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • メキシコ • 38位 • 2021年4月20日 Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • イタリア • 94位 • 2022年12月5日 Apple Music • ニューエイジ トップアルバム • 中国 • 138位 • 2020年12月9日

John Color (LIVE AT NAGANO ver.)

iTunes Store • ニューエイジ トップソング • 日本 • 10位 • 2020年11月12日

風乃楽団 (LIVE AT NAGANO ver.)

iTunes Store • ニューエイジ トップソング • 台湾 • 3位 • 2021年7月9日 iTunes Store • ニューエイジ トップソング • 日本 • 9位 • 2020年11月12日 iTunes Store • 総合 トップソング • 台湾 • 195位 • 2021年7月9日

アーティスト情報

432Hz Music Japan