トラックリスト

  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

この曲はトラック・MVをrincPapさん(トラックは兄・尾登恭一さん、イラストと動画は弟・尾登恭二)、作詞と歌メロを滝本で、という分担で制作しました。歌唱については滝本とrincPapさんの掛け合いという見立てで作りましたが、rincPapさんと相談してrincPapさんパートは私の友人であるSuncellsのgooさんにお願いしました。gooさん、めちゃくちゃいい声ですよね。実は歌唱に参加していないと見せかけてrincPap尾登(兄)さんもサビのコーラスでこっそり参加してくださっています。

今作はコロナ禍でのコミュニケーションをテーマに歌詞を作っていきました。なかなか人に会ったり遊びにいけなかったりする世でZOOM飲みだとかclubhouseだとか色んなコミュニケーションツールが流行りましたが、直接会えない分ネットで他者との繋がりを深めていく流れになっていったことをコロナ禍のリアルな感覚として残しておきたいなという思いがありました。なので、全体の意味合いとしては「今は会いたくても会えない日々だけど、コロナが落ち着いてまた笑顔で会える日が一日でも早く来るように今はお家から繋がろうね」という曲なのですが、サビの部分ではその意味合いを強める為に言葉遊び的に様々なネットにまつわるワードを散りばめています。トラックが先に出来てそこに後から私が歌詞を乗せる形だったのですが、渡されたトラックがすごく好みで、なんとかいいものにしたい!と色々自分なりに歌詞を探っていた中で心になんとなく持っていたテーマを乗せることが出来たので、いいものになったという満足感も含めていろんな意味でスッキリしています。

”気に入って買ったお洋服 着て浮かれて飛び出しちゃいたい。それから美味しいもの食べて 調子に乗って写真撮りたい”という歌詞は会えない鬱憤にまみれた私と友人との会話の中で実際に出てきた言葉で、とてもリアルな気持ちです。早くまたおしゃれしてはしゃげる世界がやってきて欲しいですね。その時を待つ間に、たくさんこの曲を聴いて踊って楽しんでいただければ嬉しいです。あと、MVも楽しいので是非見てくださいね!全然内容と歌詞が関係なくて笑えますから!

アーティスト情報

  • 滝本リオ

    チープでかわいいニューウェイヴなゆるラップを中心に作る、エセラッパー兼トラックメイカ〜。 あまりにもバンドに向いていなかった為個人制作をはじめたところ、本人の性格を反映したようなトンチキな曲を作るようになり現在の活動に至る。 2021年よりSHIROKUMA RECORDSを設立し、代表としても活動している。

    アーティストページへ

SHIROKUMA RECORDS