Erii Best Collections (入江 富美子監督作品 挿入歌)のジャケット写真

歌詞

Forgiven by the greatest love (映画「光彩〜ひかり〜の奇跡」挿入歌)

Erii

感謝なんて出来いないとき

自分にささやいてみる

感謝さえできぬほど

頑張らせてごめんね

人を責め許せないとき

その自分を許してみる

分かって欲しい そういえず

頑張ってきたよね

いいよそれでいいよ

太丈夫そのままで

ありがとう

ごめんね

全ては許されてる

大きな愛に許されて

ぼくらはここに降りてきた

なにも持たず

裸のまま

ぎゅっと手を握り

すべてを持って

大きな愛に包まれた

自分をそのまま愛したい

ここに生まれた

力が自分の中に

確かにあるから

私なんて、、、そう思うとき

生きる意味さえわからなかった

意味がない人生を

そのまま感じてみる

間違うことが怖かった

いつも正しくいたかった

正解なんてない地球

自由に生きよう

いいよそれでいいよ

太丈夫そのままで

ありがとう

ごめんね

全ては許されてる

大きな愛に許されて

ぼくらはここに降りてきた

なにも持たず

裸のまま

ぎゅっと手を握り

すべてを持って

大きな愛に包まれた

あなたをまるごと愛したい

だってあなたの中にその力が

映し出されてるから

Forgiven by the greatest love

Forgiven by the deepest love

許されてる あなたのまま

あなたでいること

わたしでいること

大きな愛に包まれた

すべてをまるごと愛したい

ここ(地球)に生まれた

その愛が全ての中に

映し出されてるから

映し出されてるから

映し出されてるから

  • 作曲

    Erii

  • 作詞

    Erii

Erii Best Collections (入江 富美子監督作品 挿入歌)のジャケット写真

Erii の“Forgiven by the greatest love (映画「光彩〜ひかり〜の奇跡」挿入歌)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    自分を超えて (映画「天から見れば」挿入歌)

    Erii, 弓削田健介

  • 2

    CALL 〜君を呼んでる〜 (映画「天から見れば」挿入歌)

    プライナス

  • 3

    天から見れば (映画「天から見れば」挿入歌)

    Erii, 弓削田健介

  • ⚫︎

    Forgiven by the greatest love (映画「光彩 〜ひかり〜 の奇跡」挿入歌)

    Erii

  • 5

    本当のことだから (映画「1/4の奇跡 〜本当のことだから〜 」挿入歌)

    Chil*sant

  • 6

    Use me Lord ~水辺の花~ (映画「光彩 〜ひかり〜 の奇跡」挿入歌)

    あいざわ淳子

  • 7

    光よ(映画「光彩 〜ひかり〜 の奇跡」挿入歌)

    あいざわ淳子

  • 8

    Everything is all right (映画「1/4の奇跡 〜本当のことだから〜 」挿入歌)

    Chil*sant

映画監督 入江富美子 の3部作「1/4の奇跡~本当のことだから~」(2007年)、光彩~ひかり~の奇跡」(2008年)、「天から見れば」(2011年)の挿入歌を厳選して収録。
作詞作曲はEriiこと入江富美子が手掛け、パフォーマンスは、弓削田健介、プライナス、あいざわ淳子、chil*sant、筒井タケオ、みつゆき等、多才な豪華アーティスト達によるパフォーマンスを交え、心に染み入る素敵な作品になりました。
その他著書、プロデュースなど、多彩に手掛ける”Erii"のベストアルバムを是非ご一緒に楽しんでください。

アーティスト情報

  • Erii

    大阪出身。ファッションデザイナー、会社経営などを経て、アロマテラピストのプロ養成専門学校講師として活動中、ビジョンではなくミッションを生きると決める。 2005年、自分の内側(へそ)からミッションが湧き上がり、未来に多くの人を勇気付けている映画があることを知る。 その直感を信じ、未経験ながら映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」(2007年)を制作。映画監督デビュー作であるこの作品は海外18か国1800か所で上映され、観客動員数は18万人を超える。他に「光彩~ひかり~の奇跡」(2008年)、「天から見れば」(2011年)も発表。全3作品とも日本だけでなく海外でも高評価を得ており、「天から見れば」は2012年にニューヨーク国連にて上映される。その他4作品の制作に関わる。また村上和雄ドキュメント「SWITCH」(鈴木七沖監督)では、「ミッションを生きる」女性として出演し、話題となる。2016年には、国連NGO平和団体 “Peace Maker Group” の国連における平和フィルムフェステイバル映像審査員のアジア代表に選ばれる。(国連NGO平和団体 “Peace Maker Group ) ミッションを生きる!をテーマに、自分の内側から湧き起こる一点を磨き、人生全般に自らで変化を起こす、「へそ道(どう)(R)」を考案。 現在は、その手法と世界観が好評を呼び、国内外にて講演やワークショップとして、「へそ道(R)」を開催している。 楽曲に アルバム;Everything is all right アルバム;Forgiven by the greatest love アルバム; CALL など 著書に 『1/4の奇跡~もう一つの、本当のこと~』(三五館) 『おへそのさき』『わけたらふえる?』(七田教育出版)※絵本作家のぶみとのコラボ絵本 『へそ道〜宇宙を見つめる 使命を見つける〜』(サンマーク出版) 『思いを超えてうまくいくおかげさまの法則』(ヒカルランド) プロデュースに 『すべては今のためにあったこと』(海竜社)中山靖雄著 などがある。

LEFTBANK

"