アストロの音

  1. アストロの音

日本民謡の可能性を拡げ、その未来を体現するテクノポップバンド・メテオールが2009年に発表した曲。淡々と繰り返すテクノビートに乗せてゆっくり深く染み込んでいく...未来とレトロが交錯するウタとギター。

メテオール

1996年カズウこと山田カズミを中心に結成。幾度のメンバーチェンジを経て、今に至る。 CGアニメと音楽を融合させたパフォーマンスと民謡をベースにした歌唱、血湧き肉踊るエレキギターと純邦楽器 (三味線、尺八など)、そして鳴りやまぬ電子音。最も日本的で全く比類なき『日本』の音楽を作りだす。 日本民謡に現代的、SF的な解釈を加え、日本の民謡を未来へと唄いつなぐ。 ライブハウス、民謡イベントなどに出演中。

アーティストページへ

Office GanaGona