トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

過去ランキング

IKKI

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 53位 • 2022年12月12日

過去プレイリストイン

IKKI

Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年12月9日 Spotify • FNMNL • 2022年12月15日 Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年12月9日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年12月10日 Spotify • New Music Friday Japan • 2022年12月9日 Spotify • Monday Spin • 2022年12月12日 Spotify • New Music J-Pop • 2022年12月9日

アーティスト情報

  • Leon Fanourakis

    「第8回高校生ラップ選手権」(2015年)と「ラップスタア誕生! シーズン2」(2018年)で優勝した経験を持つラッパー。 母親はR&Bやロックのシンガー、父親はDJ、ドラム、ギターなど楽器全般ができるという音楽家族に生まれる。
 14歳の時にはラップをはじめ、ラップキャリア1年目にして2014年の「横浜レゲエ祭」出演を賭けた「ROAD TO 横浜 レゲエ祭」に唯一のラッパーとして出場した。2018年の春にEP「BEAT TO DEATH」をリリース。

2019年には自身のファーストアルバム『CHIMAIRA』(キマイラ)をリリースし、8月に渋谷WWWで開催されたワンマンライブはソールドアウト。 2020年4月にニューヨーク出身の人気ラップデュオ 「The Underachievers」から AK THE SAVIOR (エーケー・ザ・セービアー) と初の日米コラボEP 「FLATBU$H ¥EN」(フラットブッシュ・イェン)をリリース。同年の8月に約一年ぶりにソロ名義の楽曲「NO LIGHTS / TOBASE!」を配信リリースした。 2021年1月22日(金)にはセカンドアルバム『SHISHIMAI』(シシマイ)をリリース。 アルバムリリースを引っ提げ、全国12ヶ所にてクラブツアーを行い、ファイナルであるLIQUIDROOM TOKYOでのワンマンライブはソールドアウトとなった。アルバムのリード曲である「CHAMPION feat. LEX」のMVはYouTubeにて200万回以上再生されており、地元横浜の盟友SANTAWORLDVIEWとralphを迎えてのリミックスも話題となった。2021年11月にはフロリダ出身でJuice WRLDのプロデュースを手掛けたことでも知られるビートメイカーMitch Mulaとのシングル「FOCUS」を配信リリース。 2022 年 5 月 20 日には 16 曲入りの 3rd アルバム『MUSA』を配信リリース。ギリシャ神話に登場する女神たちを指す『MUSA』 (英語ではミューズと呼ばれる)という言葉をタイトルに掲げた作品となっている。

    アーティストページへ


    Leon Fanourakisの他のリリース
  • Xansei

    福岡出身、ロサンゼルス在住のプロデューサー。 2013年にロサンゼルスへ引っ越す。2016年にMetro BoominとSouthsideのビートに衝撃を受けたのをきっかけにYouTubeを見ながらビートの作り方を習い始める。2017年にアトランタに引っ越す事を決意し、様々なアーティスト・ソングライター・プロデューサーと楽曲制作に取り組んだ。 2019年にアメリカのメジャーレーベルから「All My Love / Sabrina Claudio x Wale」がリリースされたのをきっかけに注目を浴び、後にKOHHやJP THE WAVYにもビート提供をした。2020年にAbemaTVが放送しているリアリティーショー「ラップスタア誕生!」シーズン4にてビート提供をし、国内での知名度も上がった。現在は拠点をロサンゼルスに戻し、制作を精力的にし続ける。

    アーティストページへ


    Xanseiの他のリリース

1%