2025のジャケット写真

歌詞

失っちゃいけないもの

Young Yujiro

<Young Yujiro>

失っちゃいけないもの

(Credit? Baby? Haan?)

失っちゃいけないもの

(My Hood)

今でも両腕に

失っちゃいけないもの

常にいける感覚

失っちゃいけないもの

今でも両腕に

嘘まわるし

Don't Lie

クソな過去 Me too

Don't mind

Too Late After Losing やで

日常アップし

増やした稼ぎ

ストリートは甘くない

選んだ音楽ディール

うまくいかない時もあるけど

(もう一回)

伸ばす手を

(作る)

失ってからでは遅いから

(絶対)

俺ら迷う暇ない

誰でも分かる

嘘ばかり

テレビ向こう側だけ Poppin

お金に目くらんでばかり

では失う Team 友達 (Fvckin')

最後は見た目より

中身で決まること忘れない

愛とは 思いやる 痛み

俺たちが 守る スマイル

失っちゃいけないもの

(Credit?, Baby?, Haan?)

失っちゃいけないもの

(My Hood)

今でも両腕に

嘘まわるし

Don't Lie

クソな過去 Me too

Don't mind

Too Late After Losing やで

<LYTO>

後に引けない

I Have A Dream

無駄にはしない

見る間の無い時計 (SEIKO

抜ける暗闇

Merry jane n Music

俺らの光

国道2, 4, 6 飛ばしてコフ

踏み込むアクセル ギアトップ

リスペクトとかモチベーション

失っちゃいけないもの

成功のイマジネーション

失っちゃいけないもの

まだ友達と上がる上

信じてる叶う夢

失ってからじゃToo Late

Have a good day

<Young Yujiro>

失っちゃいけないもの

(Credit?, Baby?, Haan?)

失っちゃいけないもの

(My Hood)

今でも両腕に

嘘まわるし

Don't Lie

クソな過去 Me too

Don't mind

Too Late After Losing やで

  • 作曲

    Whitemayo

  • 作詞

    Young Yujiro, LYTO

2025のジャケット写真

Young Yujiro の“失っちゃいけないもの”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2025

Young Yujiro

■ ARTIST
Young Yujiro

■ TITLE
2025

■ REVIEW
関西より、日本中を絶賛席巻中のHIBRID ENT. (Jin Dogg, Young Coco, DJ BULLSET etc)のFounderであり、
自身もラッパーとして活動するYOUNG YUJIROが 16曲入りに 2nd ALBUM ”2025”を 9/18 にドロップ!!

客演にはHIBRID ENT.より、Young Coco、DJ BULLSET、BYUNGSUNG KIM、LYTO、に加え、
DIRTY KANSAI よりWELL-DONE, ILLNANDES、S-kaine、WALTHER、Kenayeboi、CHAKRA、KOH等が参加、
さらに神奈川より、SANTAWORLDVIEWやSHEEF THE 3RDらも参加している。

プロデュースには、Lil Yamagucci、Young Savage Coco、DJ BULLSETらHIBRID勢に加え、
“LYTO - Wee Cough (ft. SANTAWORLDVIEW, BFN TOKYOTRILL) “や“MFS - SAVAGE MODE”等
を手掛けて頭角を表す期待の新鋭プロデューサー Koshy が最多の4曲を務めている。

■ TRACK LIST
1. 1秒 / One Second
2. 私のゾーンで / In My Zone
3. いつも! / ITSUMO! (Feat. Young Coco, Kenayeboi)
4. 失っちゃいけないモノ / Too Late After Losing (Feat. LYTO)
5. ベター / Better (Feat. P!O)
6. ドープディーラー / Dope Dealer(Feat. BYUNGSUNG KIM)
7. 風の時代 / Wind Era (Feat. Well-Done, ILLNANDES, S-kaine, DJ BULLSET)
8. 血眼 / Blood Eyes (Feat. SANTAWORLDVIEW)
9. 気分が良い / Feel So Good
10. 何する? / What You Gonna Do? (Feat. WALTHER)
11. 肥料 / Manure (Feat. KOH)
12. 神対応 / GOD Response
13. これは仲間のため / This is 4 My Dawgz (Feat. SHEEF THE 3RD)
14. 公園 / Park (Feat. CHAKRA)
15. 出口/ EXIT
16. 待っとけベイビー / Bae One Moment

■PROFILE
YOUNG YUJIRO (ヤングユージロー)は、大阪市阿倍野区出身のラッパー。
2016年発足当初から現在も HIBRID ENTERTAINMENT (ハイブリッドエンターテイメント) 所属。
発足前より、レコーディングスタジオ “Blue Very Studio”や、映像チーム “HAZE WAVE FILMS”を運営し、
ラッパーの幅を超えて映像ディレクターやプロデューサー、レコーディングエンジニアとして、数多くの楽曲を手掛けている。
HIBRID ENTERTAINMENT のFounderとしてレーベル立ち上げ後、
個人では ”Y.A.N.A” (2016)、”102号”(2017)、 “Motive” (2018)、”Ghost” (2019)の4枚のEP.やアルバムを発表している。

アーティスト情報

  • Young Yujiro

    YOUNG YUJIRO (ヤングユージロー)は、大阪市阿倍野区出身のラッパー。2016年発足当初から現在も HIBRID ENTERTAINMENT (ハイブリッドエンターテイメント) 所属。発足前より、レコーディングスタジオ “Blue Very Studio”や、映像チーム “HAZE WAVE FILMS”を運営し、ラッパーの幅を超えて映像ディレクターやプロデューサー、レコーディングエンジニアとして、数多くの楽曲を手掛けている。ハイブリッドエンターテイメントのファウンダーとしてレーベル立ち上げ後、個人では ”Y.A.N.A” (2016)、”102号”(2017)、 “Motive” (2018)、”Ghost” (2019)の4枚のミックステープを発表している。

    アーティストページへ

  • LYTO

    LYTO(ライト) 1992年生まれ大阪府寝屋川市出身のラッパー。15歳の頃、母親に連れられ行った韻シストのライブでHIP HOPと出会う。 翌年、バイトの友達に誘われラップを始め、Tractionというグループを組み大阪府内を中心にライブ活動を開始。 18歳の時にはRed Lump Chill (CIMA, TRASH, TURC, LIGHT YEAR)のメンバーとして”Re:vibes”という28曲入りのミックステープを発表し、旋風を巻き起こす。 2012年には、LIGHT YEAR(ライトイヤー)名義でファーストソロアルバム”NEW YEAR” を発表。 2015年にLIGHT YEARからLYTOに改名し、フリーダウンロードミックステープ、”Delicacy”を発表。ハイブリッドエンターテイメント加入前から親交の深かったJIN DOGGや、1%加入前のWILYWNKAをフューチャーし話題を呼ぶ。 同年、さらなる飛躍の場を求め、幼馴染の映像クリエーター ”Y.Munenori (ワイ. ムネノリ)” と上京。ソロ作品 "Secret Menu"(2017)”、”Long time no see"(2019)” の2作を発表する。"Secret Menu”では、渋谷のとあるピザ屋に置いてあったLYTOの”Delicacy”をジャパニーズヒップホップ界のレジェンドであるYou The Rock☆がたまたま耳にしたことからコラボレーションが実現!!”Brand New Bag Ft. You The Rock☆”として収録されている。 “HIBRID OR DIE VOL.1”への客演や、YOUNG YUJIRO、LIL YAMAGUCCIの作品参加を経て、2020年HIBRID ENTERTAINMENT (ハイブリッドエンターテイメント)正式加入。 2021年1月にはHIBRID ENTERTAINMENTからのファーストアルバムとなる作品 “AHA.COM” のリリースが既に決定している。ハイブリッドエンターテイメントのイベントでは総合司会を務めたり、YouTubeで自身の料理番組、”CookDooDoleDoo”を運営するなど、型にとらわれない自由なスタイルを武器に今後活躍が期待されるアーティストの1人である。

    アーティストページへ

Hibrid Entertainment

"