トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

全身全霊ではしゃぎ倒すSOMOSOMOが1年振りに放つ渾身の2ndアルバム。
作詞は全曲メンバーが担当し、タイトルのReason for livingには、ファンの皆様の“生きる理由”であり続けたいという彼女達の気持ちがアイドルとしての“生きる理由”であるという二つの意味が込められている。
リード曲はライブでもアンセム化している激しく力強いロックナンバーの『TAnGlers』。
そして、瞬く間にファンの間で話題となったキラーチューン『ネバーランド』、官能的な歌詞とライブパフォーマンスが大人気のサマーチューン『花火』、SOMOSOMOとしてはやや珍しくアイドルらしい可愛さでオーディエンスを魅了する『必殺!ばっきゅんアンセム』、ヒストリーがギュッと詰まったファン垂涎の切ないナンバー『史オリ』等、これまでライブシーンでしか体感できなかった楽曲を音源化し、余すことなく収録。
更に、昨年12月に発売された『群青のパレード/リバティマリオネット』に加え、ボーナストラックとして1stアルバム『FIRST IMPACT』より、『タマシイリリシズム』をリアレンジ、リマスタリングして収録。
ボリューム満点の内容となっている。

現在プレイリストイン

You are RIDER

Spotify • アイドルポップ:ジャパン

過去ランキング

Reason for living

Apple Music • J-Pop トップアルバム • ノルウェー • 2位 • 2021年9月19日

史オリ

Apple Music • J-Pop トップソング • チェコ • 63位 • 2021年9月10日

アーティスト情報

  • SOMOSOMO

    全身全霊で、はしゃぎ倒す 2019年7月にライブデビュー。 デビュー後は精力的にライブ活動し、2020年1月には半年記念ワンマン『FIRST IMPACT』を開催。 結成半年にもかかわらず、200名以上を動員しチケットはSOLD OUT。 3月より3ヶ月連続で楽曲を配信リリース。 9月にはファーストアルバム『FIRST IMPACT』をリリース。 12月に『群青のパレード/リバティマリオネット』をリリース。 2021年3月には2nd ONE MANを開催し,大成功に収めた。 数多くの主催イベントを開催し、アイドルフェスはもちろん、 昨今ではロックバンドとの対バンにも積極的に参加している。

    アーティストページへ

BIT Records