トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

1982年、当時福島市の高校生だった5人組のハードロックバンド "Death Valley Flash" が自主制作で限定100枚のみ発売したシングルレコード「Goodbye This Town」が、2010年になって海外のジャパニーズメタルサイトで話題になり、これに驚いた元メンバーが38年の時を経て再結成。現在消息が途絶えた当時のギタリスト・斉藤新一の代わりに、同郷の友人でもある元スラットバンクスの石井仁を迎え、コロナ禍の中東京と福島でリモート作業をし、この曲を奇跡の再録音!メンバーの半生が刻まれた渾身のプレイはきっと世界を驚かし、あなたの心を動かすことでしょう!

アーティスト情報

  • Death Valley Flash

    1980年、当時福島県福島市の高校生だったギタリスト・斉藤 "Tomezo" 新一が中心となり、ハードロックバンド "Death Valley" が結成され、その卓越したテクニックとオリジナル楽曲が話題となる。 この活動とは別に斉藤は1982年、同学年で友人だった "Jesus" のヴォーカリスト・明石英紀(現・明石隼汰)とのコラボレーションを開始。オリジナルのヴォーカリストとの活動を区別するため、バンド名を "Death Valley Flash" と命名する。 同年11月、「福島音楽祭」へ参加、明石作「Goodbye This Town」を初披露。 翌1983年4月、自主制作シングルレコード「Goodbye This Town / 愛の死角」を限定100枚発売。 同年、新星堂RockInnコンテストにエントリー。7月に中野公会堂での全国大会へ勝ち進み、斉藤が最優秀ギタリスト賞を獲得。 これが実質最後の活動となる。 この自主制作シングルが時を超え2010年代、海外のジャパニーズメタルサイトで話題となり、希少なレコードが高値で取引されることとなって、突然脚光を浴びることに。 これに触発された元メンバー達が2021年、現在消息不明となっている斉藤の代わりに、当時ライバルでもあり、現在はプロのギタリストとなった石井仁に声をかけ、コロナ禍の中東京と福島でリモート作業をし、38年ぶりにDeath Valley Flashを復活させ「Goodbye This Town」を再録音。 今後は各自の活動の合間にさらに何曲かレコーディングを企画しており、また2022年には様子を見ながらライブを実現したいと思っている。

    アーティストページへ

RockinChopin Records