Last Strawのジャケット写真

歌詞

涙の記者会見

The Mirraz

一瞬、気を失いそうになったのは

そのせいかはわからないが

フラッシュの眩しさで前が見えない

用意した言葉たちは頭が、目の前が、

真っ白になって消えていった

落ち着け 自分取り戻す 落ち着け 息を吐く

涙を流して 頭を垂れて 許しを請う

この度は、私の不徳の致すところにより、

関係者各位にご迷惑をおかけしてしまい、大変猛省しております

深く、深く、深く、深くお詫びを申し上げます

社会的制裁が僕を待っている

マシンガンのように質問を浴びせられている

悪くない感じだ

罪を償いたいと思っていたのだから 丁度いい

涙を流して 頭を垂れて 許しを請う

この度は、私の不徳の致すところにより、

関係者各位にご迷惑をおかけしてしまい、大変猛省しております

深く、深く、深く、深く、深くお詫びを申し上げます

今頃ネットじゃ右から左へと罵声が飛んでいるのだろう

キレの悪いクソみたいな言葉を並べて世間の注目を浴びて

笑われそれでも生きてく

愚かな僕をどうか許して 涙を流して 許して

その辺は記憶が飛んでいます

我ながら都合のいい言い草だが

この場には相応しい とても相応しい

真実はわからないことだから

涙を流して 頭を垂れて 許しを請う

この度は、私の不徳の致すところにより、

関係者各位にご迷惑をおかけしてしまい、大変猛省しております

深く、深く、深く、深くお詫びを申し上げます

涙を流して 頭を垂れて 許しを請う

この度は、私の不徳の致すところにより、

関係者各位にご迷惑をおかけしてしまい、大変猛省しております

深く、深く、深く、深くお詫びを申し上げます

一瞬、気を失いそうになったのは

そのせいかはわからないが

フラッシュの眩しさで前が見えない

用意した言葉たちは頭が、目の前が、

真っ白になって消えていった

  • 作曲

    畠山 承平

  • 作詞

    畠山 承平

Last Strawのジャケット写真

The Mirraz の“涙の記者会見”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • The Mirraz

    畠山承平(右、Vo, G *全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。)、佐藤真彦(中央、G)、中島ケイゾー(左、B)からなるロックバンド。 2006年9月に畠山が中心となって結成。 2008年12月に1stアルバム「OUI! OUI! OUI!」、2009年10月に2ndアルバム「NECESSARYEVIL」とリリースを重ね、洋邦ロックファンから注目を集める。 2012年1月にインディーズ最後のアルバムをリリースし、同年7月16日にEMI Music Japanへのメジャー移籍を発表。 メジャー移籍後はシングル「僕らは/気持ち悪りぃ」「傷名/うるせー」を発表。Vo.畠山も多いに影響を受けたサザンオールスターズ桑田佳祐氏が選ぶ今年のベスト20に「気持ち悪りぃ」が6位にランクインするなど、メジャー移籍後もミイラズらしい活動をくりひろげている。 シニカルからコミカルからコケティッシュまで、畠山承平のフィルターを通して書き連ねられるリアリティあふれる膨大な量の歌詞を武器に、畳み掛けるように歌い放つボーカルスタイルは唯一無二。クールで突き放すようなライブスタイルと、飾ることない気さくで愉快なトークのギャップが人気。 映像制作にも定評があり、自身のMVを初め、ミイラズ企画イベント『427』上映ムービーやミイラズのオリジナルTVプログラム『KINOI TV』等、撮影〜編集まで執り行っている。全体的にエッジの効いた作風のため、電波に乗せられない事もしばしば。 共感を得る作風でないため、観客を取り残す事もしばしば。ただしその状況こそがミイラズ・畠山承平の真骨頂であるとも言える。 2016年には自主レーベルDEATH PYRAMID RECORDSよりフルアルバム『しるぶぷれっ!!!』を発表、EDMにヒントを得て新しいミイラズのスタイルを打ち出しつつも、ロックなミイラズ節炸裂のアルバムとなっている。2016年9月より結成10周年を迎える。 2017年2月EDM最終章アルバム『ぼなぺてぃっ!!!』をリリース。 2017年4月前事務所を辞め、完全独立。新レーベル&事務所の『KINOI,INC.』を立ち上げ、第一弾9thアルバム『Mr.KingKong』をリリース! 2021年最新作『Japanese English』をリリース。

    アーティストページへ


    The Mirrazの他のリリース

KINOI,INC.

"