トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

相澤洋正が送る人間の愛を歌った作品集。
家族、兄弟、夫婦、など、大切な人を思う気持ちはいつの時代も変わらない。誰もが愛をもらい、そして与えて生きている。その素晴らしい人間の愛の歌。
歌はソプラノ歌手の曽根妙子。ピアノは佐藤亜弓。
歌詞も相澤が何曲か手掛けています。

アーティスト情報

  • 相澤洋正

    1976年長野県上田市生まれ。 上田高校~千葉大学教育学部中学校教員養成課程音楽専攻卒業。 ピアノ曲や子どもの歌、絵本音楽、邦楽器、弦楽アンサンブルなど多数。 弦楽四重奏曲「夢宵桜」はウィーンにて、 朗読と音楽「一寸法師」はスイス・ルガーノにて初演。 またオーストリア「シェライニング音楽祭」に招待され、全7曲演奏された。 3代目日本青年館ホール開演ベル作曲。 映画「いただきます」「いただきます2」サウンドプロデュース。 作曲した松崎町のうたのメロディーが町内チャイムに採用(2021)。 保育園の園歌も全部で6園作曲している。 ラトレミュージックオフィス代表作曲家。 日本音楽集団団員。U演奏家協会会員。 日本音楽絵本推進協会協力作家。 2018年より故郷である上田市にて「相澤洋正プロデュース公演」を毎年行っている。また2021年からはピアノで元気と癒しを多くの人に届けたいという思いから ピアノとトークを交えたコンサート活動を開始。 ●楽譜・CD 2015年 ピアノソロ楽譜集「Memories」 2017年 1stCD「SYMBIOSIS」 2018年 2ndCD「あいのうた」 2021年 3rdCD「PiaLuce」 2022年 ピアノソロ楽譜集「PiaLuce」

    アーティストページへ


    相澤洋正の他のリリース

Lattrait-music