re:consideration

  1. revisitation
  2. replication
  3. rest
  4. repetition
  5. restoration
  6. return

映像・音楽ユニットのakisaiによる新作EP「re:consideration」をリリースします。

本作は2020年3月にリリースされたakisaiの3rdアルバム「Travelers」と共に発表された映像作品「re:consideration」の音源になります。
非日常で得られる経験をシンプルな素材として用い、視覚的なマテリアルへと変換されていく時間の旅を描いた映像作品に添えられた音楽は、ミニマル・アンビエントミュージック的な要素を含んでおり、ひと時の安らぎをもたらしてくれます。
心を落ち着けたい、そんな時にこそ聞いて頂きたい作品です。

過去ランクイン

re:consideration

Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • チリ • 20位 • 2020年6月8日 iTunes Store • エレクトロニック トップアルバム • 日本 • 27位 • 2020年5月30日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • タイ • 57位 • 2020年7月18日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 日本 • 88位 • 2020年6月6日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • インド • 151位 • 2020年6月22日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 韓国 • 190位 • 2020年9月12日

revisitation

Apple Music • エレクトロニック トップソング • 日本 • 131位 • 2020年6月25日

repetition

iTunes Store • エレクトロニック トップソング • 日本 • 82位 • 2020年6月5日

過去プレイリストイン

revisitation

Apple Music • ピュア・フォーカス • 2020年6月12日

repetition

Spotify • 静寂と黄昏 • 2020年5月29日

akisai

東京を拠点に置く中家紘一と鈴木要による映像 / 音響プロジェクト。 個々の活動と平行して自由で実験的な作品制作の場として活動を開始し不定期に作品を発表する。 結成当初より、実写•グラフィックを重ね合わせた繊細かつ大胆で多彩なビジュアルイメージと、エレクトロニカ、アンビエント、 生楽器など様々な要素を取入れた音楽性を融合させた分野の枠を超えた作品展開を続けている。 近年では実時間・即興性などを重視したパフォーマンス的要素を取り入れた新たな表現の形を構築し、 視覚的要素と聴覚的要素が交差する独自の世界観に包まれた空間演出を行う。 今後は、実験的な表現を追求し作品制作を継続していく中で、様々な分野に関わる表現者•空間との、感覚を共有する新たな試みも目指していく。 2014年3月、SCHOLEより1stアルバム「colors」リリース。

アーティストページへ

Schole Records