Acoustic Session

  1. In A Hurry (Acoustic Cover Ver.)
  2. Libertango (Acoustic Cover Ver.)
  3. 人生のメリーゴーランド (Acoustic Cover Ver.)
  4. Goodbye Pork Pie Hat (Acoustic Cover Ver.)
  5. チャールダーシュ (Acoustic Cover Ver.)
  6. Laverne Walk (Acoustic Cover Ver.)
  7. Spain (Acoustic Cover Ver.)

コントラバス&ギター、注目のアコースティックデュオ!
バークリー音楽大学でJazz、桐朋学園でClassic を学んだコントラバス奏者の石原雄介が、ギタリストの渡辺庸介と結成した注目のアコースティックデュオユニット=DUOSUKE(デュオスケ)。
JazzをベースにClassic、Popsをレパートリーとするコンセプトのもと2015年に結成。本作がユニットの初作品。ベース/コントラバスは縁の下の力持ちという存在だがメロディー楽器として躍動し、ピチカート奏法(指弾き)、アルコ奏法(弓弾き) もふんだんに取り入れ、幅広いジャンルをカヴァーした快作。ギター渡辺庸介の躍動感あふれた演奏にも注目!!

DUOSUKE

バークリー音楽大学でJazz、桐朋学園でClassicを学んだ石原雄介が結成したアコースティックデュオユニット。 JazzをベースにClassic、Popsをレパートリーとし、新たなるアコースティックサウンドの可能性に挑戦している。 2016年2月にファーストアルバム、Acoustic Sessionを発売。同年12月に開催された第36回浅草ジャズコンテストバンド部門にて金賞を受賞。 Bass /石原雄介  19歳でコントラバスを始めジャズベースを上山崎初美氏に師事。甲陽音楽院在学中に バークリー音楽大学奨学金オーディションに合格。1998年バークリー音楽大学に入学。 ジャズベースをPaul Del Nero、Dave Hollenderの各氏に師事。在学中にElvin Joens Awardを 受賞する。卒業後はボストンを拠点に演奏活動を行う。2003年に帰国、活動の拠点を東京に移す。 クラシック音楽の研鑽のため2011年桐朋学園大学音楽学部ディプロマコースに入学、コントラバスを市川雅典氏に師事。2014年3月同校卒業。 2015年よりコントラバスとギターのアコースティックデュオユニット、DUOSUKEを結成しコントラバスの新たなる可能性に挑戦している。第36回浅草ジャズコンテストバンド部門にて金賞並びにソリスト賞を受賞。 Guitar/ 渡辺庸介  国立音楽院にて岩谷耕資郎氏に師事。ベストプレイヤー賞を受賞して卒業。その後片桐幸男氏に師事し、バンドUnit4に参加。自己のバンド渡辺家やジャズボーカリスト上野真史のメインギタリストとしても活動中。2015年よりDUOSUKEに参加。第36回浅草ジャズコンテストバンド部門にて金賞を受賞。ジャズに限らずLatin、Pops、Rockなど幅広いジャンルで演奏家、ミュージカルのアレンジャーとして活動中。

アーティストページへ

YUSUKE MUSIC RECORDS