トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

漆黒の夜空に煌めく星々の霊光は、幻想世界の入り口である。 太古の人々にとって、星々は理解できない神秘の現象であった。彼等は星空に神の世界を見出し、多くの神話を生み出した。

それから長い年月が流れ、偉大な科学者達の努力によって宇宙や星に関する不可知のヴェイルが次々と剥がされた。

宇宙物理の法則で星々を理解できるようになった現代の私たちにとっても、星空を静かに見上げる時、一種敬虔な感動を覚えずにはいられない。 私たち人類は、冥王星を超えて太陽系外にまで探査機を送り出すまでになったのに、なぜいまだに星の光に神秘的幻想を感じるのだろうか? 
単にその明滅が繊細で美しいからだろうか?

実は星々は無限のエネルギーを私たち全ての生物に届け続けている。
それは太陽のような強烈な光と熱ではないが、無限の時空間によって増幅された、意志を持つ振動エネルギーである。宇宙の振動こそ、もしかしたら神なのかもしれない。

宇宙振動には全ての音楽が包括され、今も星間で多次元に重奏して鳴り響いている。
私たちが作って歌う音楽は、実は人がゼロから作ったものではない。全て無限の過去から宇宙振動の中に含まれているのだ。

これから星空を見上げる時、目で星を探すだけではなく、静かに耳を澄ませてみてほしい。
きっと極上の調べが星明りに乗って微かに聞こえてくるはずだ。

「自分にはそんなの聞えない」って? 大丈夫。
耳や頭で解らなくても、宇宙意識に直結するあなたの魂は必ず関知している。
大宇宙に遍満する量子振動ミュージックこそ、星空が私たちの心を振るわせる正体なのだ。

アーティスト情報

  • 北山 星司

    こんにちは。作曲家の北山星司(きたやま せいじ)です。 私はもともと5歳からクラシックピアノを学び、20代はピアニストとして活動していましたが、30歳の時に作曲の道にシフトしました。 クラシック音楽は素晴らしい文化資産でありますが、忙しい現代社会では1曲の演奏時間が長いクラシック音楽に親しむことが難しくなりつつあります。 そこで、クラシック的な旋律の美しさをコンパクトに凝縮し日常生活で1曲聴いて心を元気にリセットできる、そんなサウンドをご用意しました。 ロック、ポップ、それに日本的旋律も取り入れた曲もあり、順次公開して参ります。 いわゆる「癒し系」音楽とは一味違う、エネルギーアップ系の新しいサウンドをお届けします。是非お試し下さい。

    アーティストページへ

Seiji Sound