さなぎのみる夢のジャケット写真

歌詞

ゆめのなか

行方不レ知

ゆめをみているよ

ずっと長いゆめをみている

きみのいるゆめをみている

胸の内から生まれてくる感情の一つ一つが細かすぎて

わからなくなって 愛おしくなって たまらなくて

わかりたいと思う気持ちを捨ててしまうことは出来なくて

いっそのこと忘れられたらよかったのかもしれない

弾けてしまう度にきみのことを思い出すよ

失くしてしまう度にきみのことを思い出すよ

きみの住んでいる街の色彩を知りたい

さなぎのみるゆめは理想をえがいて

それはどんな空想よりも繊細な景色だった

触れてしまえば溶けてしまうから

それなら

なにもしないで そばにいるだけ

ふるえるこころはまどろみの中

失くした分だけ埋め合わされていく世界に

代わりなんてどこにも生まれないよ

差し込んだひかり

やわらかな陽射し

きみの想う 夢を知りたい

  • 作曲

    Tomoo Kosugi

  • 作詞

    行方不レ知

さなぎのみる夢のジャケット写真

行方不レ知 の“ゆめのなか”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

さなぎのみる夢

行方不レ知

アーティスト情報

行方不レ知

"