habitual offender

  1. habitual offender

TAKASHI TSUZUKI

東京でバンド活動、スタジオミュージシャンとして活躍後、広告業界に活動の場を広げる。多数のCM音楽を作曲、プロデュースし、“15秒”の 世界での映像、音楽表現を追求。一方で国内外のアーティストへの楽曲提供、およびTAKASHI TSUZUKI名義でのソロ活動も精力的に行っている。「未来の定番となる新しいHOUSE+TECHNOミュージック」を提唱し、変則的なBEATにロジカルなメロディーラインをのせたアレンジやRemixを得意としている。 Sound& Recording Magazine主催「コーネリアス リミックスコンテスト」にて入賞。UKレーベルのコンピレーションアルバム「Neon Fusions」(KeepDiggin)に「Backlight」が収録される。初のソロアルバム「Soundview」(KOMPAKT/hal9000)を発表し、CISCOレコードのテクノチャートにて初登場7位を獲得。ドイツの音楽雑誌DE:BUGなどでは、注目アーティストとして掲載される。 DIESEL-U-MUSIC 2004「エレクトロニック部門」にて金賞 を受賞。「Mix the Vibe」が DIESELから発売されたコンピレー ションアルバムに収録される。これを機にヨーロッパの複数レーベルからリリース、Remixの依頼が殺到した。 ロンドンのFM局XFMで「Soundview」がヘビーローテーションになる。そしてリリースされたセカンドアルバム「Liaison」(KOMPAKT/hal9000)の初回プレス限定のイエローカラーレコードは各国で即完売。発売後Third Year のオーナーから、デトロイトテクノを代表するDJ、Mike Clark (Detroit Beatdown/Planet E)とのライブセッションのオファーを受ける。またXFM内の番組では「Takashi Tsuzuki Mix2005」と題した特集が組まれ、数々のRemix作品が好評を博した。BBC主催のテムズ川でのイベントの出演オファーもうけ、旋風を巻き起こす。さらには坂本龍一がパーソナリティーをつとめる人気FM番組 「RADIO SAKAMOTO」のオーディションにて”et toi” が入賞を果たす。 2018年 Hiphopシーンの代表格 Future(フューチャー) の Remix制作に参加後、アメリカのフォーク・ロックバンド Bon Iver(ボンイヴェール)のRemixにも参加した。 Turn On The Lights (Future )Takashi Tsuzuki Remix(Apple Music) Michicant (Bon Iver)Takashi Tsuzuki Remix(Apple Music USA) 2003年からは名古屋芸術大学の講師として教鞭をとり、まさに国内外で幅広い活躍を見せる、作曲家、プロデューサーである。

アーティストページへ