廻るのジャケット写真

歌詞

clover

江村梨紗

白詰草の花冠は 色褪せてもう編み方も忘れたよ

迷う指先しおれた茎を握る

霞んだ過去は見ないふりで 今あるもので埋め尽くして

それでも壁の向こうが…

見えない怒りの矛先は何処へ 向わせればいいの?

傷付くことさえ恐れることも忘れて

ただ切り捨てて行くだけ

赤く滲む 掌も視界も

そこに差す一条の光は君で

君と見つけた四つ葉は全部 記憶と本の間に挟んである

これからあといくつ見つけられるだろう

宿命を受け入れ諦めた 望みはとうに忘れていた

でもまだこの胸には…

消えない希望の光はこうして 持っていてもいいの?

汚れた手でも守る戦いをしても

この身は許されるだろうか

黒く歪む 夜と不安を置いて

君の待つ朝焼けの道が見えたよ

いくら古いページをめくっても

見えない壁を壊す呪文も知らないけど 例えば…

手をあなたと繋いで まだ見えない旅路を

幻想だって構わない きっと世界の全てが虚構

なら何だって作り出せばいい

壊した偶像の私はどうして 泣きながら笑うの?

白詰草の花冠を手向けて 新しい四つ葉を探しに

青い空を 覆い尽くす雲を 切り裂いた一条の光は君で

  • 作曲

    江村梨紗

  • 作詞

    江村梨紗

廻るのジャケット写真

江村梨紗 の“clover”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2014年11月23日に自主制作CDとしてリリースされた2ndアルバム「廻る」を、オンラインからお届けすることになりました!
このデジタルリリースに際し、『3ヶ月連続リリース【タイムカプセルプロジェクト】ー過去から今へ、今から未来へのタイムカプセルー』というクラウドファンディングを通じて、応援して下さる皆様のご協力を頂きました。

アーティスト情報

Little Witch's Life

"