あなたのおとのジャケット写真

歌詞

淡雪

futarinote

すれ違う風

懐かしい匂いと

君の面影

何処かへ連れ去っていく

赤信号待ち

こんな寒い日に

ふわり 睫毛に沿う

淡雪に微笑む

君を思い出す

今年もまた 言えなかった

言葉乗せて

君のもとに

舞い落ちては溶けていく

今ひとひら 頬に触れた

この雫は

最後に好き、と零す涙

記憶の中で

積もる思いが溶けてゆく

思い出す度に

胸を刺していた

傷み 消え去る頃

やさしい気持ちに

なれたような気がする

いつかもう一度 逢える時が

来るのならば

言えずにいた

「ありがとう」の言葉を

ただ一言 すくい上げて

届けたいよ

今の、この素直な気持ちを

君は今頃

どうしているのだろう

ただ幸せで

あの日の笑顔で

いられるように

冬を超えて 春が来れば

溶けてしまう

儚い夢のようなこの瞬間も

幾度とまた 巡る度に

心灯す

懐かしい思い出の辺

今年もまた 言えなかった

言葉乗せて

君のもとに

舞い落ちては溶けていく

今ひとひら 頬に触れた

この雫は

最後に好き、と零す涙

大切なまま 消えぬ思い

やさしくつつみこむ 淡雪

  • 作曲

    舩冨 光曜

  • 作詞

    堀 桂

あなたのおとのジャケット写真

futarinote の“淡雪”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

えげつないテクニシャンの二人が磨き上げた最高に優しく温かいサウンドとスタイリッシュでポップな曲たち。これはもう無敵な音!  ー ギタリスト 久保田浩之

アーティスト情報

  • futarinote

    Vo. 堀桂(ほりかつら)Gt. 舩冨光曜(ふなとみこうよう)によるアコースティックユニット。
 2017年 関東と関西でそれぞれ活動していた二人が音楽コラボアプリ「nana」を通じて出逢い、共演を重ね、翌年カヴァーアルバム「Leave Love Behind」を堀桂の名義でリリース。 その後オリジナル曲を制作するようになり、2019年「futarinote(ふたりのーと)」を結成。ユニット名には「”ふたりの手”をとり”ふたりの音”を紡いでいけるように」という意味が込められている。 日常に溢れる小さな輝きや気付きをテーマに制作された楽曲と、ボーカルとギターという最小限の編成だからこそ表現できる繊細で自由な演奏が、男女問わずあらゆる世代に受け入れられて活動の輪を広げている。 また2021年 季刊誌”オーディオアクセサリー180号”にて巻頭4ページのインタビュー記事が掲載・CDサンプラーが付録されたことをきっかけに、オーディオ愛好家からの注目を集めている。 
「第13回LALALAにしきたミュージシャンコンテスト」グランプリ・兵庫県知事賞 受賞。これまで3度のクラウドファンディングを全て成功させて、1stアルバム「ふたりのおと」2ndアルバム「あなたのおと」3rdアルバム「こころのおと」を立て続けにリリース。

    アーティストページへ


    futarinoteの他のリリース
"