あなたのおとのジャケット写真

歌詞

ふたりひとつの暮らし

futarinote

いつも通り繰り返す

日々に消えていく

当たり前に聞き慣れてしまう君の声

この部屋にふたりきり

君とテレビの音だけ

会話すら無くなって

ひとりひとり暮らす

今日も明日も変わらずに

知らぬうちに置かれてる

洗濯物と一汁三菜の食卓

褪せた暮らしのフィルムに

染まる季節のさし色

頬に笑顔の紅がそっと

灯りはじめてる

閉ざされてく街の風景や

静けさに

飲み込まれて

思わず塞ぎ込みそうになる

必要な言葉さえ

かわす隙もなくなって

寂しいね 普段から無口な僕でさえ

君が僕の鞄に

いつもくれる温もりは

小さな箱に穏やかな色を詰め込んで

どんな時も変わらずに

こんな僕を支えてる

耐えず移ろい変わりゆく

冷めたこの世の中でも

少しだけ離れてく

君と僕とのあいだを

目に見えず繋ぐのは

信じている気持ち

明日もずっとこの先も

当たり前の幸せを守れるように

なんてまだ言えずにいるけど

言葉じゃなく何気ない

ふわり笑うその笑顔

変わらぬように生きていこう

ふたり ひとつの暮らしで

  • 作曲

    舩冨 光曜

  • 作詞

    堀 桂

あなたのおとのジャケット写真

futarinote の“ふたりひとつの暮らし”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

えげつないテクニシャンの二人が磨き上げた最高に優しく温かいサウンドとスタイリッシュでポップな曲たち。これはもう無敵な音!  ー ギタリスト 久保田浩之

アーティスト情報

  • futarinote

    Vo. 堀桂(ほりかつら)Gt. 舩冨光曜(ふなとみこうよう)によるアコースティックユニット。
 2017年 関東と関西でそれぞれ活動していた二人が音楽コラボアプリ「nana」を通じて出逢い、共演を重ね、翌年カヴァーアルバム「Leave Love Behind」を堀桂の名義でリリース。 その後オリジナル曲を制作するようになり、2019年「futarinote(ふたりのーと)」を結成。ユニット名には「”ふたりの手”をとり”ふたりの音”を紡いでいけるように」という意味が込められている。 日常に溢れる小さな輝きや気付きをテーマに制作された楽曲と、ボーカルとギターという最小限の編成だからこそ表現できる繊細で自由な演奏が、男女問わずあらゆる世代に受け入れられて活動の輪を広げている。 また2021年 季刊誌”オーディオアクセサリー180号”にて巻頭4ページのインタビュー記事が掲載・CDサンプラーが付録されたことをきっかけに、オーディオ愛好家からの注目を集めている。 
「第13回LALALAにしきたミュージシャンコンテスト」グランプリ・兵庫県知事賞 受賞。これまで3度のクラウドファンディングを全て成功させて、1stアルバム「ふたりのおと」2ndアルバム「あなたのおと」3rdアルバム「こころのおと」を立て続けにリリース。

    アーティストページへ


    futarinoteの他のリリース
"