未確認飛行物体のジャケット写真

歌詞

Time Goes By

DISCO VOLANTE

あっという間に呆気にとられ

僕ら 立ち止まったままで

あっという間に唖然としてたら

僕ら 立ちすくんだままだ

今もTime goes by

風の先へ 雲はどこへ だけど

Show must go on tonight

あっという間に時は経っても

延々とまた同じ場所で

あっという間の時は素敵ね

永遠がまた終わりだした

いつもTime goes on

風みたいに 雲みたいに だけど

Song must go on tonight

いつもTime goes on

風みたいに 君みたいに

今もTime goes by

風の先へ  君はどこへ だけど

Show must go on tonight

  • 作曲

    高野 哲

  • 作詞

    高野 哲

未確認飛行物体のジャケット写真

DISCO VOLANTE の“Time Goes By”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2022年1月、新バンドDISCO VOLANTE(ディスコボランテ)始動。
DISCO VOLANTEはイタリア語で”空飛ぶ円盤”を意味する。
バンド名を表すかの如く、まるで空飛ぶ円盤のように突如姿を表した。
Vocal & Guitar 高野 哲、Keyboard 吉田トオル、Bass 小林 勝、Drumsは照井 仁という鉄壁のメンバー。記念すべきデビューアルバムでレコーディング、ミックス&マスタリングを手掛けたのはMUCC ミヤ。

アーティスト情報

  • DISCO VOLANTE

    メンバーは活動23周年を迎える伝説のバンド・ZIGZOのソングライターかつボーカルギターを担っている高野哲、ZIGZOやMUCCなど各方面で絶大な信頼を得るキーボーディスト&コンポーザーとして引く手数多な吉田トオル、怒涛のロックを繰り広げ続けるあのザ・クロマニヨンズのベーシストとしても活躍する小林勝、日本独自のラウドサウンドをぶちかます唯一無二のヘヴィロックバンドPULLING TEETHのドラマーでもある照井仁、という通を唸らせる鉄壁の面々。 数々の著名バンドへのライブサポートのみならず、プロデューサーとしての手腕も大いに発揮している吉田トオルにとっては自身初の正式メンバーとしてのバンドとなる。

    アーティストページへ


    DISCO VOLANTEの他のリリース

有限会社アフロスカルレコード

"