真・哀愁奏デ盤のジャケット写真

歌詞

負け犬

近野 淳一

今この街を背に目指すのは

かつて私が捨て去った何もないあの場所

逃げ帰るのさ

ただ羽を広げてみたかった

しがらみ抜け出したかった

何もかも遠くで輝いてみえた

黄昏に雑踏 忙しなく混ざる

故郷は茜空 黒い鳥が散る

燃え落ちた日々の灰を撒き

暮らしの木に花咲かせましょう

叶わぬ夢を焼き払って

道開く他はない

今この街を背に目指すのは

かつて私が捨て去った何もないあの場所

逃げ帰るのさ

交差する表情 色とりどり

でも負け犬にゃ負け犬の スレた色がある

燃え落ちた日々の灰を撒き

暮らしの木に花咲かせましょう

叶わぬ夢を焼き払って 道開く他はない

さあどの面ぶら下げようか

今更手を取り合いましょうか

叶わぬ夢を焼き払って もう怖いものは無し

  • 作曲

    近野 淳一

  • 作詞

    近野 淳一

真・哀愁奏デ盤のジャケット写真

近野 淳一 の“負け犬”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

真・哀愁奏デ盤

近野 淳一

アーティスト情報

  • 近野 淳一

    ロックバンド鴉のギターボーカル。 秋田県を拠点に全国規模で活動している歌う六弦奏者、近野淳一です。

    アーティストページへ

単身奏デ屋

"