エントリーシート2020のジャケット写真

歌詞

告白かと思ってた

蓮托

画面上で鳴るヒップホップの音色

遠く響く青い春の色

螺旋状になって 風になって 雨止むまで

令和になって着慣れたスーツ

革靴がBPM120のメトロノーム

電車に乗って、静まり返る

名刺ケースのシール、RSF

早口で歌い上げることがかっこいいと思って

レンジ、KREVA、ケツメイシあれもこれも混ぜたがって

ギドラ、ブッダ、ペイジャーは般若聞いてやっと知って

夢の中でマイク持って「何か」になりたくって

それがいつかパワポ開いて言葉紡いで金稼いで

「ここじゃないどこかへ…」って贅沢に思われ

嫌ったはずの「普通」ってコに好かれて、離せなくて

Life goes on

歪な愛も一途な愛も、何もない街角

開く歌詞カード、再生ボタン押そう

画面上で鳴るヒップホップの音色

遠く響く青い春の色

螺旋状になって 風になって 雨止むまで

冷めたほろ苦いヒップホップの音色

遠く響く青い春の色

螺旋状になって 風になって 雨止むまで

大好きなm-flo、def tech、S.O

いまいち聞き取れない英語

MSC、ニトロ、シーダ、ライムスター

「働くおじさん」になりました

校内放送で流れたアイドルと

賛否両論にならないヒップホップ

「どいつもこいつも…」って言いたいけれど

入った軽音、歌ったJ-POP

俺の言葉まるで空っぽのCDケース

「らしい」言葉詰めてタバコに火をつける

変わろうとして、もがこうとして

また元に戻る…ここはどこ?

やりたいこと、伝えたいもの 特にない街角

開く歌詞カード、再生ボタン押そう

画面上で鳴るヒップホップの音色

遠く響く青い春の色

螺旋状になって 風になって 雨止むまで

冷めたほろ苦いヒップホップの音色

遠く響く青い春の色 螺旋状になって 風になって…晴れた空に

映り込んだ君の横顔は

「さよなら」や「愛してる」が

違う色に煌めいて降り注ぐ虹のよう

踊り出すヒップホップの音色

遠く響く青い春の色

いつか種になって 花開いて 誰かのため

そして僕は歳になって

好きなものを星に変えて

点と線でつないだ星座

行先を示すpaper

Play back過去のデータ

また開いた未来の計画

腫れ上がった僕の目は

見つめる、ぼやけた景観

深く深く沈める

青春の蜜月

くしゃくしゃのノートブック

ここからちょっとずつ

溢れ出す言葉たち

これは君の物語

これはヒップホップじゃない

それもヒップホップじゃない

  • 作詞

    蓮托

  • 作曲

    taron beats

エントリーシート2020のジャケット写真

蓮托 の“告白かと思ってた”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

はじめまして蓮托です。主に2020年の活動を1枚にまとめました。社会人しながら音楽活動。遅れてきた青春。ぜひお楽しみください。

アーティスト情報

"