Garageのジャケット写真

歌詞

飛花落葉 (feat. NF Zessho)

Mr.Bud

指折り数えたシーズン

既にこの手では足りない

もう二度と会えはしないヤツの人数

こんな日々が続いてくのかって

思ったその日々は

いつも音もなく移ろっていったり

時に音を立てて壊れたり

結局のトコ

円のサイズが違うだけで

全て繰り返し

せめて信じたいのさ

俺らは進んでて

無限に回り続けてくこれは螺旋

俺らは線 ありえない並行

今近くたって明日違ってくる方向

このVerseが世に出る頃

何食わぬ顔して

誰も笑えてればいいのにと思う

このストーリー

どう転ぶにしてもNever forget

超えるいくつもの峠

俺はこの先もし続けるつもり証明

お前の真正面

根拠の無いポジに身を任せて

向こう見ず

We make progress

進む道その背後には足跡

Poets write poems

肌を刺す疾風

砂埃が舞って曇天

Flowのようライフは流れ

過去に変わる

誰もこの場所を去って

空白見届け

俺は俺のまま 変わるのは周り

去ったヤツに向ける愛なんて無い

またその逆も然り

数え切れぬほどの数

一人踏み越えてきた夢の死骸

今俺が何か言えば

惨めなのは明らかにお前

あとにも先にも俺の視界は常に前方

それを遮るならKill 'em all

お前にとって俺はUMA

重ねたテイク これで何度目のVerse

何も変わりゃしねえ現状

取り返しのつかない事を繰り返し

また振り出し 雨が降り出し

傘も無ければ嘆く資格すらもない

全部を擲ったとしても

手にしたいモノがある

そうはっきりと言える

霞んで見える

名を上げてその先に残るものが

また一つ消える

期待の分今までいくつ見た馬鹿

唯一信じられるものがあるとしたら

それは音の中

We make progress

進む道その背後には足跡

Poets write poems

肌を刺す疾風

砂埃が舞って曇天

Flowのようライフは流れ

過去に変わる

誰もこの場所を去って

空白見届け

俺は俺のまま 変わるのは周り

あいつはいないが

盛り上がるDay&Night

来たけりゃ来ればいいし

連絡返せとか

I don't like World

Maybe I'm stupid

だが俺もお前もこの世界の中心

本心ぶちまけるLyricsは分身

まるでヒース・レジャー

最後死ぬならば

ジョーカーのようなレジェンド

だがWe are living now

塗り替える定説

  • 作曲

    Mr.Bud

  • 作詞

    NF Zessho

Garageのジャケット写真

Mr.Bud の“飛花落葉 (feat. NF Zessho)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Mr.Budが2ndとなるアルバムを発表。
客演にはOll KorrectからNF Zessho をはじめ、CHICO CARLITO、Sound’s Deli のGypsy Well、Pitch Odd Mansionのサトウユウヤ、Warbo、そしてANPYOなど親交の深い実力派ラッパーが参加。
一貫して持ち味のメロウネスな空気感が心地良い作品となっている。

アーティスト情報

Road Leef

"