old filmのジャケット写真

歌詞

Chronicle

rains or not

詰めるだけ詰め込んだ 僕らの大き過ぎるバックパック

余計なものだらけでそれはとてもとても重たかった

それでも僕らは互いに背中を押し合いながら

後先なんて考えずにただひたすらに冬山を登った

歌おう 歌おう すぐに忘れるような

誰かの歌

そろそろ日が沈んで あたりは静まり薄暗くなるだろう

そうなる前にdig it! dig it! dig it!さぁビバークの準備を急げ

小さいランプ灯して持ち寄ったスパゲティ、コカコーラそして

レトルトカレーも開けて語ろう僕らのクロニクル

歌おう 歌おう 今日が終わっても覚えている

僕たちの歌を歌おう

凍えそうな 暗い雪の中 不安が積もる

それでも小さなランプの灯りひとつで

いくつも夢見れた

泣いて笑って歩いた道 振り返ると

それぞれの歩幅は違うけど 同じ場所を

目指した証が

ひとりじゃ見えない景色がそこにある

いつからか笑い声がひとつふたつと消えていった

足跡を辿ると ある者は右へ またある者は左へ

連なる山々の稜線をみて気づいたのだろう

目指すべき頂上はひとつじゃない 自分だけの道があると

歌おう 歌おう 「さよなら」をするためじゃなく

歌おう 歌おう それぞれの新しい門出を祝う歌を歌おう

年老いても 皆でまた話しよう

同じ話で何度でも笑い合える きっとそうだろう

そして自分が登った山から見えた

景色を語り合おう 安い酒を呑んでグラスを

交わして朝まで

ラララ…孤独を紛らせてくれたものは

あの日の僕らの歌だよ それがあるから

それがあったから

どんな無謀な山も超えられると 信じれた

  • 作曲

    富岡裕次

  • 作詞

    富岡裕次

old filmのジャケット写真

rains or not の“Chronicle”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

old film

rains or not

アーティスト情報

  • rains or not

    どこか懐かしさを感じるメロディーに現代音楽の要素を取り入れた、ジャンルに縛られないPOPDUO。

    アーティストページへ

"