船越 寛治 Vol.1

  1. 一番好きな人
  2. 踊り子 (Cover Ver.)
  3. 青春の影 (Cover Ver.)
  4. 心もよう (Cover Ver.)
  5. 夢一夜 (Cover Ver.)
  6. 坊がつる讃歌 (Cover Ver.)
  7. 別れの予感 (Cover Ver.)
  8. 芭蕉布 (Cover Ver.)
  9. 空に星があるように (Cover Ver.)
  10. つぐない (Cover Ver.)
  11. オリビアを聴きながら (Cover Ver.)
  12. いい日旅立ち (Cover Ver.)
  13. Goodbye Day (Cover Ver.)
  14. また君に恋してる (Cover Ver.)
  15. 卒業写真 (Cover Ver.)
  16. フィーリング (Cover Ver.)
  17. 冷たい雨 (Cover Ver.)
  18. いちご白書をもう一度 (Cover Ver.)
  19. 千の風になって (Cover Ver.)

幼い時から日本の歌謡曲が好きで三橋美智也、春日八郎等の歌真似をして育ち、中学時代は修学旅行で舟木一夫、三田明の真似をしてクラスの人気者になり、調子に乗って音楽の時間にオペラの歌唱テストを演歌のコブシをつけて歌い先生に叱られ、その時だけは通信簿が3でした。現在のフォークソングに関わったのは大学時代の友人に誘われた事が切っ掛けでした。1960年~70年代の洋楽ではサイモン&ガーファンクル、PPM、邦楽ではフォークルやアリスの曲に触れながら友人とフォークバンドを結成し、福岡の先輩・チューリップに憧れて、地元の学園祭に出たり、KBC、RKB、TNC等のラジオ番組テレビ番組に出演しました。結果は鳴かず飛ばずでメンバーはそれぞれの社会に旅立ちました。それから37年、旅立った仲間たちが古巣の福岡に戻り、バンドを再結成しました。母校・西南学院OBによる「テレベルトグリーン」の誕生です。レパートリーはブラフォーを中心とした洋楽30曲、1970年代のフォークを中心とした邦楽70曲、そして私のオリジナル20曲等です。オリジナルは学生時代から10曲ほど手掛けており、就職してからも「カレーの歌」や後輩の結婚式の歌などを作ってプレゼントしておりました。現在のバンド活動では20曲ほど作り計50曲程度です。曲想は、バラード調の失恋曲が多く、周りからは”暗い””眠たくなる”と言われ最近はテンポの良い曲を意識的に作っております。

船越 寛治

幼い時から日本の歌謡曲が好きで三橋美智也、春日八郎等の歌真似をして育ち、中学時代は修学旅行で舟木一夫、三田明の真似をしてクラスの人気者になり、調子に乗って音楽の時間にオペラの歌唱テストを演歌のコブシをつけて歌い先生に叱られ、その時だけは通信簿が3でした。現在のフォークソングに関わったのは大学時代の友人に誘われた事が切っ掛けでした。1960年~70年代の洋楽ではサイモン&ガーファンクル、PPM、邦楽ではフォークルやアリスの曲に触れながら友人とフォークバンドを結成し、福岡の先輩・チューリップに憧れて、地元の学園祭に出たり、KBC、RKB、TNC等のラジオ番組テレビ番組に出演しました。結果は鳴かず飛ばずでメンバーはそれぞれの社会に旅立ちました。それから37年、旅立った仲間たちが古巣の福岡に戻り、バンドを再結成しました。母校・西南学院OBによる「テレベルトグリーン」の誕生です。レパートリーはブラフォーを中心とした洋楽30曲、1970年代のフォークを中心とした邦楽70曲、そして私のオリジナル20曲等です。オリジナルは学生時代から10曲ほど手掛けており、就職してからも「カレーの歌」や後輩の結婚式の歌などを作ってプレゼントしておりました。現在のバンド活動では20曲ほど作り計50曲程度です。曲想は、バラード調の失恋曲が多く、周りからは”暗い””眠たくなる”と言われ最近はテンポの良い曲を意識的に作っております。

アーティストページへ

ヒーリングシステム