イッサが焼いたリングイッサ (feat. 塩で焼いて唄う)のジャケット写真

イッサが焼いたリングイッサ (feat. 塩で焼いて唄う)

キャラメルパンチ

トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

キャラメルパンチ サブYouTubeチャンネル「塩で焼いて唄う」にてブラジル発祥の巨大渦巻きソーセージ"リングイッサ"を食した感想を曲にしたもの。バーベキュースキュアーを三方から刺したフォルムが船の面舵の様に見えたことがこの楽曲の方向性の決め手となった。
キャッチーなシンガロングと王道クラップでイントロから突き抜ける爽快感とテンション。
遊び心満点の歌詞とは裏腹に展開していく真面目なメロディと壮大なアンサンブルに自然と心が引き込まれていく。
そして意外にも初めての試みである"語り"も熱く感情のレンジを広げている。
とことん畳み掛けるリフレインに心が震えるが冷静に捉えると意味不明。ただそれこそが音楽の力であり面白さなんだと石井は言う。
大胆に盛り込まれた遊びと音楽クリエイターとしての本気が入り乱れた文句無しの一曲であるが忘れることなかれ、この曲がどこまで行ってもソーセージの歌だということを。
人の心はソーセージを熱唱することで確かに震えるのだ。

アーティスト情報

  • キャラメルパンチ

    2007年、石井ユウジ(Vo.Gt)が日本一周ストリートライブを敢行中、松本駅前で日本全国放浪の旅中のタンクボール(Ba)と出逢い、2年後の2009年キャラメルパンチを結成。サポートドラマーとしてシュウゴ(YKJ)を迎える。  ズバ抜けた熱量のライブと熱くストレートなメッセージソングや熱くコミカルな楽曲の数々は、観るもの聴くもののハートを掴んで止まない。  現在に至るまで、井上良輔、堀内翔平と2回のドラムメンバーチェンジを行うが現在は初期のメンバーに戻り、唯一無二のキャラパンスタイルの追求に猪突猛進中。  一言で言うならば、体育会系正統派スリーピースロックバンド。 情熱の先へ、突き抜ける蒼を見に行こう!!

    アーティストページへ

Hooky Records