柏木広樹 (Cello) & 光田健一 (Piano) duo unit “二人旅”

過去ランクイン

iTunes Store • インストゥルメンタル トップソング • 日本 • 1位 • 2020年7月20日

二人旅

柏木広樹 (Cello) / 光田健一 (Piano)

アーティストページへ

柏木広樹

東京芸術大学在学中に「G-CLEF」としてデビュー、「紅白歌合戦」出場など新風を巻き起こす。 類まれな豊かな倍音を持ち味に、ソロ活動開始後はブラジルやアフリカ、和など多国籍なテイストを盛り込んだ独創的な音楽を創り上げている。 自身の公演で盲導犬の支援活動を続ける他、「ドリトル先生」はじめ文学・朗読やタップダンスとのコラボレーション、葉加瀬太郎や西村由紀江のサウンド・プロデュース、押尾コータロー等のアレンジ、藤原道山、木村大、沖仁、里アンナ、純名里沙、手嶌葵、クレモンティーヌ等との共演など多岐にわたり活躍。 映画「おくりびと」本木雅弘の演奏指導・劇中演奏、「冷静と情熱のあいだ」出演、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主人公のチェロ演奏を担当、「雪の華」劇伴、「きらきら眼鏡」テーマソングなど、映像音楽も多く手掛ける。 「羽根屋 富菊美酒造」「トヨタ自動車トヨタ会館」などの企業や、南日本放送「やくしまじかん」、NHK山形「やままる」、山口朝日放送「ひるくる!」はじめTV・ラジオ番組、CMに楽曲を提供。 2019年に10thアルバム「VOICE」をリリース。 人間の声に最も近いといわれるチェロを変幻自在に操り、自らを“チェロ芸人”と称して笑顔が溢れる音楽を目指すチェリスト。  [チェリスト / プロデューサー / 作編曲家]

光田健一

85年、TBSのドキュメント番組にて編曲家デビュー。翌年、東京芸術大学音楽学部作曲科入学と同時にジャズ・ピアニスト、作編曲家、キーボード奏者としてプロ活動開始。石井竜也、岩崎宏美、林部智史、渡辺真知子、渡辺美里の作編曲、音楽監督を担当。新日本フィルを始め各地のオーケストラと競演。 95年、シンガーソングライターとしてデビュー。小田和正「キラキラ」「たしかなこと」など多数の作品にコーラス参加。スターダスト・レビューのメンバー、ア・カペラグループRAG FAIRのプロデューサー、AKB48楽曲の編曲者としても知られる。 18年、JR九州クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」テーマ曲「輝く星の贈りもの」作曲。映画「きらきら眼鏡」エンディング曲「Reminiscence ~回想~」(柏木広樹 feat.葉加瀬太郎&西村由紀江)編曲。おかやま山陽高校吹奏楽部愛唱歌「誓いの風、捧げる」(作詞・作曲)、名古屋フィルハーモニー交響楽団委嘱管弦楽作品「フィオーリの花市場で」、JWECC(日本管楽合奏指揮者会議)委嘱吹奏楽作品を数曲提供するなど、近年あらゆるジャンルの音楽作品を発表。 [作編曲家 / ピアニスト / シンガーソングライター]

bluesofa records