雨のおと #2+のジャケット写真

歌詞

雨と迷子

クチサキ

雨のにおいには日だまりの息が

日差しの重なりはまつげを伝って

傘を開いてはせかいの外側

日増しの雨脚が心をうたって

陰惨だ

陰惨な風はさめた朝

順番だ

順番が来たらさようなら

雨の近くには木漏れ日の道が

いつかのささやきは背中を下って

季を並べては願いもそのまま

しずかな瞬きが毛玉をつくって

瞬間だ

瞬間の恋に老いたなら

永遠が

永遠の雨が枯れた空

雨に紛れて気づいてみれば迷子みたい

  • 作曲

    クチサキ

  • 作詞

    クチサキ

雨のおと #2+のジャケット写真

クチサキ の“雨と迷子”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

//."///."//
Artwork by 4696

アーティスト情報

INNNI

"