トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

「今日の私は、夜眠りについたらさよなら。」
「明日、目覚める私は、もう別の人。」
そうなれたらいいのに。

めまぐるしい毎日を追いかけてばかりで、もう疲れたなって思うとき。
だれかと比べてしまったり、理想の自分を思い浮かべて情けなくなったり。
どんどん追い詰められている自分に気付けなかったり。
もっと要領がよかったらなとか、
もっと人間関係がうまくできればなとか、
ぼんやり考えるうちに今日が終わってしまう。

布団の中だけが安心できる居場所になって、
そのうち布団の中でもぐるぐる考えるようになって。

眠ってもすぐに朝が来てしまう。
また慌ただしい毎日。
どんどんすり減っていく自分。
どこにも居場所がないような気がして。誰かに笑われているような気がして。
何か失敗するたびに、似たような過去の記憶がよみがえってきて。
どこからが間違いだったんだろうって、ぐるぐる考えて。

どうしてこんなに辛いんだろう。

この曲は、
毎日を追いかけるだけで精一杯になってしまった人へ、
自分でも気が付かないうちに追い詰められてしまった人へ、
一日一日を生き延びるための、ほのかな灯りになれるように作った曲です。
眠りから覚める直前に、まぶた越しに光る朝日のような、ほのかな灯りです。

「今日の私は、夜眠りについたらさよなら。」
「明日、目覚める私は、もう別の人。」
辛い思い出も、未熟な自分も、後悔していることも、傷ついた言葉も、そういうものはもう捨ててしまおう。
背負いすぎて押しつぶされるくらいなら、全部捨ててしまったほうがまだマシだ。
だからこの曲の中では、今日の自分とはその日でお別れします。
そうすれば、今日どんなことが起きても、明日の私はそれを知らなくていいから。

そうして全て捨てたあとに残るもの。
「私は私。」
きっと、生きていくには、ぐるぐると苦しむ自分の奥底に残っているものだけで、十分なのだろうと思います。
どうか背負いすぎないで、なんでも自分のせいにしないで、思い悩むことは昨日までの自分に任せて、今日は今日で生きればいい。

毎日を精一杯生きている人へ、ほのかな灯りをここで灯しています。

アーティスト情報

  • 名探偵さなぎ

    ちょっと浮世離れした場所で、ひっそり休みたいなぁ...ってときありませんか? 私の作品は、そのために作った、架空の居場所のようなものです。 音楽や映像なら、ただ観たり聴いたりするだけでいい。その中で誰かと顔を合わせることもない。 一人でも、一人じゃなくても、どこにいても、片手間でも、短時間で、現実からちょっと離れられる。そして戻って来られる。 架空の居場所にぴったりです。 持て余した感情や事情を手放して、ぼーっと観て聴くだけでいい。作品たちが、その重荷をちょっと肩代わりします。そして、記憶の中で小さなお守りみたいに機能してくれるでしょう。

    アーティストページへ