202号室のジャケット写真

歌詞

202号室

葵井ここあ

会いたくて背伸びしてた

あたしの大人ぶった余裕が

ぶかぶか空っぽなんです

約束してた場所には

あなたの姿は見えなくて

何にも分かんなくなったあの日から

誰より大好きになれた

何より傍にいれた

あなたが撫でてくれた頭は

まだ温かい

この部屋に残った呼吸が

今のあたしを撫でてくれる

いつまでもあなたの幸せを

1番に祈っているよ

眺め続けた窓には

あたしのため息で描かれた

ぐるぐる あなたの名前

重ね続けた思い出

あの頃のままごまかせなくて

あたしは何をしてるんだろう・・・

誰より大切にしてた

何より愛しくて

あなたがかけてくれた言葉は

まだ駆け巡る

この部屋に残った呼吸が

今のあたしを惑わさせる

あの時に見送ったはずの

気持ちがウソに変わってく

別に待ってるワケじゃないけど

いつだって好きになれるよ

あなたがあたしに咲かせたはずの

花が何か分からない・・・

あなたから誓った約束

今さら信じられないなんて

そんな風に想れば少しは

楽なのかな?

この部屋に残った呼吸が

今のあたしを撫でてくれる

いつまでもあなたの幸せを

1番に祈っているよ

いつまでもあなたの幸せを

1番に祈っているよ

  • 作曲

    mimika

  • 作詞

    mimika

202号室のジャケット写真

葵井ここあ の“202号室”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    202号室

    葵井ここあ

アーティスト情報

JuliaHouse

"