シンデレラ・ボーイのジャケット写真

歌詞

たとえ何があっても (Cinderella boy ver.)

Grandcross

ねえ 覚えてる

ねえ 感じてる

ねえ 愛してることを

ねえ 何度でも

ねえ 好きって言って

ねえ そばで笑っていて

たとえ何があっても

この手を離さないで

今は届かなくても

いつかきっとってね

今輝いてる二人の愛は

この世界を駆け巡り

愛は全てを埋め尽くす心癒すツール

だから諦めないでいてね

ねえ この声を

ねえ 思い出して

ねえ 愛を語ること

ねえ 覚悟して

ねえ 幸せを

ねえ 君に送ること

たとえ何があっても

この手を離さないで

今は届かなくても

いつかきっとってね

今輝いてる二人の愛は

この世界を駆け巡り

愛は全てを埋め尽くす心癒すツール

だから諦めないでいてね

今輝いてる二人の愛は

この世界を駆け巡り

愛は全てを埋め尽くす心癒すツール

だから諦めないでいてね

  • 作曲

    黒澤伸介

  • 作詞

    黒澤伸介

シンデレラ・ボーイのジャケット写真

Grandcross の“たとえ何があっても (Cinderella boy ver.)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

シンデレラ・ボーイ。それは、現代の少年たちが描く、幸せな未来像の一つ。恋愛至上主義のGrandcrossが送る愛のメッセージの数々。夢を見ながら、現実を歩き切ろうと、足元が暗くても、照らし続けるそんな愛情をつづっている。

アーティスト情報

  • Grandcross

    運命の回帰線とアベレージ線の交わる大十字を表すGrandcrossは、2000年にその前身であるGroundcrossが誕生、それまで、Guitarで書きためた黒澤伸介がオールパフォームド、オールコンポーズ、作詩作曲など全てを手掛け、2016年にデジタル音楽界にデビュー。彼こと黒澤伸介はDr. G. Vo. Key. を勤め彼自信得意のポップロック路線にオールジャンルなサウンドを盛り込むというコンセプトをもとに設立されている。彼の独自のサウンドメイクセンスである、メジャースケール、マイナースケールいったり来たりは独特の世界観を生む。

    アーティストページへ

Grandcross.info

"